1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 秋澤幸太郎代表
  4. 生きる希望となる生きがいになる/秋澤幸太郎

秋澤幸太郎代表

生きる希望となる生きがいになる/秋澤幸太郎

2015.02.16

株式会社Alfree
代表取締役 秋澤幸太郎


秋澤幸太郎代表

【事業内容】
SNS投稿ネタ共有・管理サービス「Netter」の開発及び運営
http://netter1.com/
Webサイト開発
ソーシャルメディアプロモーション
営業代行サービス

【URL】
http://alfree.net/
http://netter1.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

一つ目は創業当初です。会社を起こしてから約3ヵ月間はずっと赤字でした。以前は自動車会社に勤めていましたので、Webに関する知識はゼロ、スキルもノウハウもない状況でした。書籍や教材を読むのではなく、様々な会社のWebサイトと全く同じページを作ることでスキルを身につけていきました。
仕事もすぐには頂けず苦しい状況でしたが、取引のあった金融機関からある企業をご紹介してくださり、大変大きなお仕事をさせて頂きました。
起業するか否かは、「勢い」と「やるかやらないか」、それだけだと思います。どうしても考え過ぎて立ち止まってしまう方が多いですが、考えながらもまずはアクションを起こすことがとても重要です。
二つ目は、起業して2カ月経った時、一緒に会社を立ち上げた者が突然退社をしました。彼は営業担当、私は技術担当で運営しており、彼が辞めたことで私も営業をしなければならなくなりました。テレアポやHPの問い合わせから依頼、するなど、できることはすべてやりました。
結果的に彼よりもお客様と取引を結ぶ数が多かったのですが、そこで感じたことは、営業力とは、「商品を良く理解すること」が大切だということです。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

お金の使い道を間違わないことです。例えば、無駄に賃料が高い立地にオフィスを構えないことです。
そして、黒字化の利益についてですが、私の場合人と比べて効率が悪いので、人の倍働くこと意識しています。例えば、営業に8時間かけるならば17時間以上費やしてでもお客様を獲得することです。重要なことは、自分の特性を知ることです。人によって得意不得意があります。
できることを手を尽くして全力で取り組まねばなりません。私は、頂いたお仕事はたとえできないことであっても全部引き受けるようにしています。それがレベルアップに繋がるからです。

Q3.座右の銘

「トラブルを楽しむ」


特集「秋澤幸太郎代表」の記事一覧
もっと読む
  • 生きる希望となる生きがいになる/秋澤幸太郎
    2015.02.16

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2015.01.19
弊社のミッションは「Made in Japan」から「Made with Japan」です。具体的には日本企業が世界を視野に入れたイノベーションを実現できるようにするために、日本と海外を行き来できるハイブリッドな人材として外国人留学生を企業に紹介しています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ