1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 赤羽僚亮代表
  4. 遺伝子検査のトップランナーに/赤羽僚亮

赤羽僚亮代表

遺伝子検査のトップランナーに/赤羽僚亮

2015.02.16

株式会社アール・ワークス

代表取締役社長 赤羽 僚亮

【事業内容】

  • 自分に適したライフスタイルは、ひとりひとり異なります。それを教えてくれるのが、私たちが両親から受け継ぎ、子供へ伝えていく「遺伝子」なのです。遺伝子の声を聞き、遺伝子に適したライフスタイルをアドバイスする。それが当社のミッションです。

  • 【URL】

  • 株式会社アール・ワークス
  • http://www.arr-works.com/index.html
  • --貴社の業務概要を簡単にご説明ください

    エステサロンさんやフィットネスクラブさんと提携し、「生まれ持った遺伝的な個性+今の状態」に適したダイエットやボディメイク、アンチエイジングのアドバイスを提供しています。具体的には、「with23」という遺伝子検査の商品を開発し、サロンやクラブのお客様に提供して頂いています。また、遺伝子検査の結果を食事指導やトレーニングメニュー作成、エステメニュー提案などに活かすためのサポートを行っています。

    --貴社のビジネスモデルにライバル企業はいますか?

    遺伝子検査を提供している企業の中ではライバル企業はいないと考えております。Yahoo!やDeNAなど、大手企業が遺伝子検査の販売をスタートしていますが、当社のビジネスモデルとは全く異なります。今は、「遺伝子を安く大量に調べる」商品が人気を集めていますが、次第に当社が行っている「遺伝子検査の結果を活かす」サービスが求められると考えております。

    ターゲットが重なるという意味合いでは、カウンセリングや測定機器を活用し、お客様の今の状態をしっかりと把握した上で指導を行うトレーナーやエステティシャンがライバルかなと思っています。一方でこういった企業とはうまく連携もできると思いますので、ライバルというよりは今後のパートナーと考えています。生まれ持った遺伝的な体質は、カウンセリングなどでは分かりませんので、こういった企業が遺伝子検査を活用すると今まで以上に良いサービスが提供できると思います。

    --その中で貴社を特に他社と差別化する要素はなんですか?

    遺伝子検査を提供している企業との差別化要素は、「遺伝子検査の結果をリアルな場で活かす」という点です。遺伝子検査の結果に基づくトレーニング方法やスキンケア方法をアドバイスするだけでなく、エステサロンやフィットネスクラブで「実際にケアを受ける」ことができます。当社と提携しているサロンやクラブでは、遺伝子検査の結果だけではなく、生活習慣や今の体重、体型、目標など、「今の状態」を合わせた指導を受けることができます。

    --今後はどのような業務に注力される予定ですか?

    「生まれ持った遺伝的な個性(=遺伝子検査の結果)と今の状態」を合わせた指導の最適化を目指しています。当社の商品か、他社の商品かに関わらず、今後、遺伝子検査を受け、自分の生まれ持った遺伝的な個性や体質を知っている方が増えることは間違いありません。

    しかし、受検者に対して、結果の活用方法、特に、今の状態も鑑みたアドバイスやサービスを提供することができる人はほとんど増えないと思います。つまり、「自分の遺伝的な個性を知って終わり」という人が増えていきます。これでは遺伝子検査を受検した意味が全くありません。そうではなく、パーソナルトレーナーやエステティシャンなど美と健康のプロフェッショナルと連携しながら、「生まれ持った遺伝的な個性+今の状態」に適した最適なケアを確立し、提供できる人を増やしていきます。

    --貴社の魅力を投資家にアピールして下さい

    遺伝子検査は今後の注目分野であることは間違いありません。実際に多くの企業が参入しています。しかし、こういった遺伝子検査商品を開発・販売している企業のターゲットは「自分の遺伝的な個性を知りたい方」です。遺伝子検査の結果は一生変わりませんので、リピーターはありません。マーケットは日を追うごとに小さくなっていきます。

    当社も遺伝子検査商品を提供していますが、あくまで当社のターゲットは「自分の遺伝的な個性を知っている方」です。つまり、他社とはマーケットが異なっており、今後拡大していきます。今はまだマーケットが拡大しつつある段階ですが、今後10年、20年後、「全ての方が遺伝子検査を受けている」という段階に達した際にトップランナーになるための準備を整えています。

    --社長の経営者としての夢はなんですか?

    私の座右の銘が「健全な精神は健全な肉体に宿る」というユウェナリスの言葉です。 健全な肉体と言うと「病気ではない」状態をイメージしがちですが、私はもう少し広く考えています。お肌のシミやシワ、からだのコリや肥満など病気では無いが健全な肉体は失われている人があまりにも多いと考えています。このような状態で健全な精神が宿るわけはなく、このような人が増えると世界全体も良い方向に向かわないでしょう。

    私の夢は、すべての人が健全な肉体、そして健全な精神を手にし、維持し続ける世界を作ることです。そのためには、ひとりひとり異なる、自分自身に適したライフスタイルを送る必要があります。その第一歩として、まずは自分自身を知ること=遺伝子検査の普及を目指しています。そして、自分の遺伝子を知るだけでは意味がありませんので、同時進行で、「生まれ持った遺伝的な個性+今の状態」に合わせた最適なケアを確立させます。現在はダイエットやボディメイク、アンチエイジングなどを中心に行っていますが、将来的には働き方や余暇の過ごし方などライフスタイル全体まで拡大していきたいと考えています。


    特集「赤羽僚亮代表」の記事一覧
    もっと読む
    • 遺伝子検査のトップランナーに/赤羽僚亮
      2015.02.16

    日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

    あわせて読みたい

    2013.05.31
    米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

    海外投資新聞に関するみなさんの声
    関連する海外投資新聞の記事
    ページトップへ