1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 井谷衣里代表
  4. ヘルスケアの総合カンパニー/井谷衣里

井谷衣里代表

ヘルスケアの総合カンパニー
/井谷衣里

2015.02.17

ほけんし株式会社
代表取締役社長 井谷衣里


井谷衣里代表

【事業内容】
保健事業
教育事業
地域看護事業

【URL】
ほけんし株式会社
http://www.ohn-phn.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

今でこそ黒字になっていますが、創業した2006年当初から順調だったわけではありませんでした。
2008年から特定検診・特定保健指導が始まり、クローズドな業界だった保健指導業界が、少しずつオープンになっていくことを見越していました。規制緩和の2年ほど前から会社を登記し、準備をしていました。
創業時は競合他社が少なかったにもかかわらず、2008年に近づくにつれ、大手が参入をしてくるなど、先駆者利益もじりじりと削られていきました。
ただ、2008年になり、ふたを開けてみると参入していた大手企業も撤退が相次ぐなど、業界自体も注視された割には、期待以上の市場規模には成長しなかったのです。
そうはいっても競合他社はもちろんいますので、価格競争に巻き込まれないとにかく質の高いサービスを提供していくことを心がけました。その結果、当社のサービスを認めて頂きリピートしていただくことも増え、どうにか9年目を迎えることが出来ました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

プレイヤーとしての自分から、経営者としての自分へと上手にスイッチングすることが出来たことが非常に良かったのだと思います。
私を含め、ヘルスケア業界では今まで専門職を仕事にしていた人間ばかりですので、組織というよりは個人で仕事をして完結することが多かったのです。
専門職の人間の集団では、個々のキャラクターが色濃く出てくるため、しっかりとした組織の仕組み作りを行うことは非常に難しいです。ただ、そこに正面から向き合って環境創りを進めたことで、他社にはない魅力を産み出せたのだと感じています。
また、「本当の要望、お客様の声は現場からあがってくるものである」ということを忘れぬよう、私も時々現場に出るなど、現場主義を貫いています。
組織としてマネジメントを行うことと徹底した現場主義、この両者のバランス感覚が上手くとれたからこそ、黒字経営を達成できているのだと思います。

Q3.座右の銘

「本気で願えば必ず叶う」


特集「井谷衣里代表」の記事一覧
もっと読む
  • ヘルスケアの総合カンパニー/井谷衣里
    2015.02.17

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
世界にはたくさんの一流ヘッジファンドがあります。中でも上位のファンドの運用者の報酬は目が飛び出るばかり。ファンドのリターンが高い証拠であり、有名ヘッジファンドに投資する個人投資家も着実に増えています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ