1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 中田誠代表
  4. フォーメーション&ビジネスプロデュース/中田誠

中田誠代表

フォーメーション&ビジネスプロデュース/中田誠

2015.02.20

クロスフォーメーション株式会社
代表取締役社長 中田誠


中田誠代表

【事業内容】
ITフォーメーション
eフォーメーション
メンタルフォーメーション
各種ビジネスプロデュース
ソーシャルネットワーキングサービス運営

【URL】
クロスフォーメーション株式会社
http://www.xformation.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

多くの方が語られているかもしれませんが、当社も2009年のリーマンショック時はとても大変な思いをしました。
リーマンショック以前までは売上も順調に推移しており、3人という少人数の組織ながらコンサルフィーとして1人当たり月々2~300万円頂くことで年間8,000万円程の売上を上げることが出来ていました。
しかし、当社のコンサルティングが金融・流通・製造業界の企業様から非常にご好評をいただいていたこともあり、顧客層がリーマンショックの影響を真正面から受けてしまったのです。結果として複数社の契約が終了してしまったことは当社にとっても大きな打撃でした。
会社を守っていくため、私を含め、全員の給与を見直しました。財務面の管理もアウトソーシングせずに全て自社で行うことで、キャッシュフローを何とか回していきました。 そのように耐えているうちに、今まで仕事を受けたことの無い業界、特にWebアプリやゲーム業界から仕事のオファーをいただくことが増え、新たなビジネスのチャンスを手にすることが出来ました。
苦しい時期を全社一丸となって乗り越えたことで新たな業界にも進出することが出来、サービスの幅も拡大することに成功しました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

会社としての軸は持ちながらも、一点集中ではなく幅広く事業を手掛けることが黒字経営の秘訣です。当社は、様々な企業様とのフォーメーションによって幅広いビジネスを創出させて頂いております。
また新たな事業として、「ITとリアルを融合して新しいソリューションを創りだす」という軸を持ちながら、SNS「Mens’ Box」を手掛けていきたいと考えております。リリース自体はまだ先の話ですが、非常に自信のあるスキームを組成することが出来ています。

また、状況が悪い時にはそれに応じた体制をとることも重要だと考えております。人は、それなりの収入があるとそれなりの使い方をしてしまう生き物です。ダメな時にはダメなのだと受け入れ、しっかりと節制する気持ちを持つことも永続的に繁栄する企業の秘訣なのではないでしょうか。
事業においても私生活においてもメリハリをつける意識を持つことで、黒字経営を達成することが出来るのだと思います。

Q3.座右の銘

「七転び八起き」
「ピンチはチャンス」


特集「中田誠代表」の記事一覧
もっと読む
  • フォーメーション&ビジネスプロデュース/中田誠
    2015.02.20

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ