1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 佐々木大輔代表
  4. スモールビジネスに携わるすべての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう/佐々木大輔

佐々木大輔代表

スモールビジネスに携わるすべての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう/佐々木大輔

2015.02.20

freee株式会社
代表取締役 佐々木大輔


佐々木大輔代表

【事業内容】
クラウド会計ソフトfreee(フリー) 、クラウド給与計算ソフト freee(フリー)の開発・運営

【URL】
クラウド会計ソフト freee(フリー)
http://www.freee.co.jp/
クラウド給与計算ソフト freee(フリー)
http://www.freee.co.jp/payroll


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

弊社の「クラウド会計ソフトfreee」のベータ版を制作した際は周囲からネガティブな意見も多く頂きました。
今までのソフトでも十分ではないか、一般公開しても流行らない、などの意見をいただき、本当に世の中に必要とされるのか、、、と私も不安に駆られていましたが、まずはやってみようと決心しました。
弊社の会計ソフトを使えば、効率が圧倒的に良くなるという明確なデータがあったので、これを拠り所に開発を進めました。自分達が自分達を信じられるファクトを作ることが大切だと実感しましたね。その後、世にリリースをしたところ実際の反応は大変良かったのです。

今までに無いモノを発信すると興味を持つ人もいれば批判的になる人もいます。世の中に「正しい答え」はありません。世の中には、やって後悔をする人よりもやらずに後悔をする人の方が圧倒的に多い気がしますが、これは非常に勿体ないと思います。私も体験しましたが、周りであれこれ言う方は必ずいます。
どんな時も本当に自分が納得するものを形にしなければ次の成長につながらないと思います。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

目先の利益云々よりも、自分達が試したい仮説をしっかりと立てた上で、スピード感を持って投資をしていくことが大切です。
事業の起こし方には[考えて成功する確率を高める]方法と、[まずやってみる]方法と2つあると思います。前者の方が、もちろん精度は高くなるのかもしれませんが、私の経験上、そこまで変わらない気がします。考える時間があるのならば、とりあえず試してみることですね。その為には社員全員が、まずは実行してみること、その結果を見て、考えるというマインドを持っていることが大切だと思います。freee ではこれを「アウトプット思考」と呼び会社の価値基準にしていて、日々スピード感を持って取り組んでいます。

Q3.座右の銘

「新しい自分に出会おう」


特集「佐々木大輔代表」の記事一覧
もっと読む
  • スモールビジネスに携わるすべての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう/佐々木大輔
    2015.02.20

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.09.06
株式を活発に売買するヘッジファンドほど、証券会社による株式の売買に使われるアルゴリズムの実際の中身について関心を示していることが明らかになった。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ