1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 福澤友裕代表
  4. いつも「心の平安」があること/福澤友裕

福澤友裕代表

いつも「心の平安」があること
/福澤友裕

2015.02.24

株式会社インテグリティ
代表取締役社長 福澤友裕


福澤友裕代表

【事業内容】
■Webコンサルティング
■Webサイトの企画および制作運営
■企業ブランディング
■企業研修

【URL】
株式会社インテグリティ
http://www.integri.co.jp

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

右腕だった社員が辞めた時期と業績が落ち込んでいる時期が重なったことがあり、その頃はとても辛かったですね。今、思い返してみると当時は軸がブレていて、その結果、経営のバランスが崩れて判断が鈍ってしまっていました。

その時に私は「原点」に立ち返りました。何のために会社をやっているのかと自分自身に問い直してみると「世の中の皆さんのお役に立つため」ということでした。社会貢献というものを自分の中でキーワードにしていたのです。

この原点を忘れずに胸に刻み、目の前の仕事にひとつひとつ真摯に向きあい、お客様の要望に応え続けました。その結果、多くの企業様と信頼関係を築くことができ、売上も元に戻るようになったのです。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

「心の平安」があることが重要だと思います。私は20代の頃から瞑想を繰り返し行っていて、精神的な鍛錬をしてきました。

経営者は日々判断の連続です。正確な判断をするにはしっかりした軸を持つ必要があります。軸がブレないようにするためには常に「心の平安」がある状態でい続ける必要があります。

自分の心が定まっていないと、業績にも従業員にも悪影響があります。常に自分の心が落ち着いていて、平安であることが一番重要なことなのではないでしょうか。

Q3.座右の銘

「油断するなよ」
これは私の師匠のタイの高僧が教えてくれた言葉で、仏陀が亡くなる時に弟子たちに言った最後の言葉だそうです。実は真の瞑想とは起きている間、常に行っているものなのです。つまり一瞬でも油断すれば穢れにやられてしまうのです。

そうならないために一瞬たりとも油断せず、瞑想をすることが心の浄化に不可欠だということです。私はいつもこの言葉を胸に刻み、仕事しながら瞑想し、心の平安を保っています。

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

株式会社a-Sol Japan 門脇圭代表

メモリアグループ 松岡泰正会長

管理栄養士のおうちマクロビオティック料理教室 松崎恭子代表からのご紹介


特集「福澤友裕代表」の記事一覧
もっと読む
  • いつも「心の平安」があること/福澤友裕
    2015.02.24

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.08
カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ