1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 広江洋一代表
  4. 日本に於けるバレエダンサー治療の第一人者/広江洋一

広江洋一代表

日本に於けるバレエダンサー治療の第一人者/広江洋一

2015.02.24

國一晃氣株式会社 代表
くに整骨院 院長
広江洋一


広江洋一代表

【事業内容】
・バレエ障害治療
・バレエ,フィギュアスケート等の機能や柔軟性向上
・整体(SKテクニック,モルフォセラピー等),鍼治療等
【URL】
くに整骨院
http://www.kuni-balletconditioning.com/
SKテクニックサイト
http://t-marketing.jp/sk/ 
モルフォセラピーサイト
http://www.morphotherapy.jp/ 
バレエナビ
http://balletnavi.jp/article/navirepo/34/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

丁稚奉公のような形での修行ののち、柔道整復師の資格を取得、大手整骨院グループでの勤務等を通じて独立に至ったのですが、独立してからというよりはむしろそれまでのほうが苦労は多かったです。
特に一番初めの修行先にて、私自身が技量的にも精神的にも未熟であったため、非常に厳しい指導を受けたことが今でも思い出されます。当時は逃げ出したくなることも多かったのですが、何とか続けることが出来たのには2つの理由がありました。
ひとつ目が「スポーツにまつわる治療をしたい」という気持ちがあったことです。自身もラグビー部に所属していたこともあり、スポーツ関係の怪我、障害で悩む人たちの力になりたいと強く思っていました。
また、高校時代の恩師に紹介していただいた修行先だったことも大きかったと思います。お世話になった恩師の顔に泥を塗るわけにいかないと強く感じており、辛い修行であっても乗り越えることが出来たのだと思います。
独立後も「辛い」と思わず希望に満ち溢れて歩いてこられたのも、修行時に培った厳しい環境の中での経験で、自身の基準線が変わったことがプラスに働いたのだと感じています。
今後も周りの方々への恩を忘れることなく、患者様やスタッフと接していく所存です。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

当院は通常の治療以外にバレエ障害の治療という強みを持っています。世界的にバレエ人口は非常に多く、バレエにまつわる潜在需要というのは私が考えていた以上に大きな可能性を秘めていました。しかしバレエ自体が、非常に特殊な身体の使い方をし、痛みの出方も人それぞれです。その為、専門性・特殊性が高い分野となっており、身体の仕組みを深く理解したトップレベルのトレーナーでなければ、患者様の望むレベルの治療を行うことはできません。
宣伝は特にしていないのですが、口コミやHP、紹介などで非常に多くのお客様に来院いただくことが出来ているのは偏に当院の技術力の賜物であると考えています。SEO対策や豪華なPRなどを通じ、どれだけ集客をしたとしても、治療内容が満足いただけるものでなければ、リピートをいただくことは難しいと考えています。そのため、全員にご満足いただけるようマニュアル通りではなく、その患者様毎に最も必要な施術を行うことを重視しています。
また、私自身も施術者向け、技術系のDVDを2本出すなどその施術内容には自信を持っており、病院などの西洋医学、または他院では解決することのできなかった症状を緩和することのできるソリューションを提供しています。多くの方に満足いただけるサービスを提供することこそが、唯一無二の黒字経営の秘訣なのです。
今後はテナントの拡張も視野に入れており、バレエダンサー治療の第一人者として他の追随を許さない発展を目指して参ります。

Q3.座右の銘

「人生万事塞翁が馬」

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

メンズ眉サロン プラスエイト 佐々木啓介代表からのご紹介


特集「広江洋一代表」の記事一覧
もっと読む
  • 日本に於けるバレエダンサー治療の第一人者/広江洋一
    2015.02.24

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2016.12.09
投資の手法として最近よく名前を聞くようになった「ヘッジファンド」 よくわからないもの、投機、実体のつかめないもの、ハイリスク・ハイリターンで儲けは大きいが損もでかいと言われていることが多い。 ヘッジファンドとは何なのか、なぜあまり知られていないのかも含めて、どのようなものかを解説する。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ