1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 久保田智之代表
  4. 「今」を生きる、宝石の主治医/久保田智之

久保田智之代表

「今」を生きる、宝石の主治医
/久保田智之

2015.02.26

有限会社宝飾ホワイト

代表 久保田智之

久保田智之代表

【事業内容】

  • 貴金属、宝石の加工および販売

  • 【URL】

  • 有限会社宝飾ホワイト
  • http://j-white.jp/
  • Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください


    私は『宝石の主治医』です。真珠を中心に、ダイヤモンド等ジュエリーの販売とジュエリーリフォーム&リペアの総合ジュエリーショップですが、長いお付き合いを前提として“相談できる宝石店”でありたいと考え、「主治医」を名乗っております。

    新創業から半年、東日本大震災直後からしばらくは、想像を超えて来客がありませんでした。経営計画上、半年後からは回収と回転で重要な時期であり、外部環境の変化がこれほど経営に厳しく影響を及ぼすものかと、絶望的な気持ちになりました。
    今後どうしたらよいか?同時に今何ができるか?を考え、当店が出来る事は「真珠で子供たちを笑顔にできないだろうか?」という考えに至り、被災地支援と合わせて損得抜きでやろうと決意しました。

    1.既存のお客様にDMを出す⇒被災地支援の物資と募金を呼び掛ける⇒東北へ直接2回物資を届けた。
    2.再びDMを出す⇒チャリティーセールの開催⇒相応額を赤十字に寄付
    3.もう一度DMを出す⇒お客様へ報告


    東日本大震災が最も困難だった出来事ですが、乗り越えたことで、翌期売上高200%を達成できました。既存客、休眠客への信頼感が醸成できたことが、その後のご来店に繋がったと考えております。

    上記の出来事は自分の仕事の存在意義を深く考えるきっかけとなりました。笑顔、喜び、元気、輪…
    『宝石の主治医』とは、お客様の楽しい・嬉しい気持ちに寄り添える力・存在なのだと感じます。この困難は「主治医」として一皮剥ける為の通過儀礼だったように思います。


    Q2.黒字経営の秘訣を教えてください


    『宝石の主治医』という立ち位置が、黒字経営の秘訣です。
    物売りだけじゃなく、修理・リフォーム・ギフト・プライダルと、お客様の人生の節目や日々の困り事の相談に乗れる存在となり、一定の認知を得てようやく安定的な経営ができ始めています。
    小さな店の現実的な秘訣としては、「赤字にならない堅実さ」が大切だと思います。

    1.身の丈に合わない事に性急に手を出さない(=無駄な固定費を減らす)
    2.お客様とのコミュニケーションに手を抜かない(=売上増加に直結する)
    3.自らの研鑽を怠らない(=付加価値の増大=利益を上げるための努力)


    外部環境の変化には激しいですが、むやみに新しいことに手を出さないで、今できることから積み上げていく必要があります。ただし、「今」に合った形は常に模索すべきで、新しい事に対するアンテナは重要だと思います。
    相談に乗れるワンストップビジネス「主治医」の発想に従えば、受注発注を増やしリピーターを増やしてゆく。在庫負担を減らし、必要な設備投資はしっかりする。そして、DMは継続的に出し続ける。バックボーンとなる資格等の取得(勉強)も怠らないことです。

    一つ一つは些細なことかもしれませんが、こういった積み重ねが重要です。すなわち、堅実さなのだと思います。


    Q3.座右の銘


    「今を生きる」


    人生は短い。死を思うという事。故に、目一杯生きるべきという考え方です。
    先代の急逝をきっかけに、それを想うようになり、起業する力となりました。
    「今を楽しむ」「後で後悔しないために」出来ることからやる、を自分の行動指針としています。
    よって、お客様にもそういう観点でご提案できる人でありたいと考えます。
    『宝石の主治医』は、まさに「今を楽しむ」ために出来ることを提案するお医者さんなの です。

    ◆お知り合いのグレート・プレジデント◆


  • タパック株式会社 西田恵代表



    特集「久保田智之代表」の記事一覧
    もっと読む
    • 「今」を生きる、宝石の主治医/久保田智之
      2015.02.26

    日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

    あわせて読みたい

    2012.09.08
    カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

    海外投資新聞に関するみなさんの声
    関連する海外投資新聞の記事
    ページトップへ