1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 吉岡正太郎代表
  4. 敷居の低い街の身近な弁護士さん/吉岡正太郎

吉岡正太郎代表

敷居の低い街の身近な弁護士さん/吉岡正太郎

2015.02.27

アーチ日本橋法律事務所

弁護士 吉岡 正太郎

吉岡正太郎代表

【事業内容】

  • アーチ日本橋法律事務所は高い品質と誠実なリーガルサービスを提供し市民との架け橋(アーチ)になります。アーチ日本橋法律事務所は、長年に亘り民事・商事を中心に培われた、企業法務の実践ノウハウと様々なネットワークを生かし、低廉でありながらも高度なリーガルサービスを提供します。

  • 【URL】

  • アーチ日本橋法律事務所
  • http://archlaw.jp/
  • Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください


    私は弁護士になった後、自分の思い描くリーガルサービスを提供するために、大手法律事務所などに属することなく、最初からこの事務所を開設しました。しかし、当然のことながら、1年目は大赤字。そこでいろいろな交流会や勉強会などに参加し、税理士や行政書士、不動産鑑定士など他の士業の方々と人脈を作っていき、その方々からお客さまを紹介してもらいました。士業の方々とは食事の機会をもつなど懇意な関係を保つように努力しました。

    2年目に入ると順調に仕事が入り始め、次第に事業が軌道に乗って利益が出るようになりました。今は4年目ですが仕事に困ることはまったくなくなり、所属弁護士も3名に増えました。


    Q2.黒字経営の秘訣を教えてください


    当社事務所では個人さまを対象に月額5,000円で顧問契約を結ぶ「マイ・ロイヤー」という、この業界ではユニークなサービスを提供しています。弁護士業界というのは一般の人から見ると敷居が高いので、どうしたら一般の人が訪れやすくなるかを考えていました。企業なら顧問弁護士契約が一般的ですが、個人ではまだ珍しいでしょう。なにかあったときに、個人がすぐ相談できる弁護士というのはなかなかいません。

    そこで月額制にして、何かあったらすぐ相談して下さいという仕組みを作りました。マイ・ロイヤーにご加入いただきますと、毎月何度でも弁護士に法律相談ができます。来所でも、メールでも、電話でも構いません。しかも、個別の法律相談料は一切かかりません。これが意外と反響を頂いて、いろいろな方からご相談を頂くようになりました。なにかあったときのための、一種の保険のような感覚で契約する方も多いようで、契約数は順調に増えています。

    私は、問題が起きたときに対応することはもちろんですが、どうしたら裁判につながるような法律問題を起こさないかという〝予防〟の視点こそが大事だと考えています。臨床医学と予防医学で言えば後者です。今すぐ裁判になるわけではないが問題を抱えている方の場合、それを法律的にどのようにしてそれ以上事態を悪化させないか考えることも大事です。「もうちょっとこうしたらどうですか」とアドバイスすることで、事態が改善することもあります。それで問題が解決すれば、コストもずいぶんと安く済みますし、精神的にもとても楽です。


    Q3.座右の銘


    「一歩一歩」。中学の恩師から教えられた言葉で、できることを着実にこなして行こうということです。この一歩一歩をどれだけ着実に速く進められるかが大事だと思っています。





    特集「吉岡正太郎代表」の記事一覧
    もっと読む
    • 敷居の低い街の身近な弁護士さん/吉岡正太郎
      2015.02.27

    日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

    あわせて読みたい

    2015.01.19
    弊社のミッションは「Made in Japan」から「Made with Japan」です。具体的には日本企業が世界を視野に入れたイノベーションを実現できるようにするために、日本と海外を行き来できるハイブリッドな人材として外国人留学生を企業に紹介しています。 …続きを読む

    海外投資新聞に関するみなさんの声
    関連する海外投資新聞の記事
    ページトップへ