1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 島崎拓人代表
  4. なんでもやってみる/島崎拓人

島崎拓人代表

なんでもやってみる/島崎拓人

2015.03.06

株式会社ワイヤージャパン
代表取締役 島崎拓人


島崎拓人代表

【事業内容】
■セレクトショップの運営
■通販事業

【URL】
株式会社ワイヤージャパン
http://www.americancap.jp/

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

常に困難ではありますが、多くの人に助けられたおかげで、今があります。特に売上げが思うように伸びないときは頭を悩ませました。自分一人で考え込むのではなく、先輩経営者に聞いたり、お客様に要望を直接聞いて巻き込みながらアウトプットをすることで、頭の中を整理し、新たなアイデアを生み出してきました。

また困難を乗り越えるためには常識にとらわれることなく、「なんでもやってみる」ということが重要です。常に変化をつける意識をもてないと状況は変わりません。しかし、小さな変化では、よほどの注意をしなければ気がつきません。そこで当店では、突拍子もない大きな変化に挑み続けています。従来の服屋ではあまりやっていないような事、関係性の無いキャラクターのぬいぐるみを取り扱ったり、お店のシャッターを突然、真っ黄色に変えてみたり、飲み会を開いてみたりetc...。

「同じことをやり続ける」というより「柔軟に変化をして走り続ける」ことでお客様を惹き付け、そして楽しませる。そうすることで、自ずと結果がついてきています。

この店舗自体は、バックパッカー時代にアメリカで偶然同じバスに乗り合わせていた、高校も地元も同じ8つ上の先輩との縁で経営をすることになりました。この頃から培って来た、常識にとらわれないという考えと、柔軟に変化をして走り続けるという行動が幸いし、この先輩や全国のお客様の縁に恵まれて、数々の困難を乗り越えてくることができました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

先程も申し上げましたが、「なんでもやってみる」ということです。人は慣れると感性ですら鈍くなる生き物なので、大きな変化を起こして目を醒まさせていかなければなりません。

その為には、まずは、お店に興味を持っていただくところからのスタートです。当店の外観は一度見ると脳裏に焼き付いて忘れる事はありません(笑)さらには、顧客層が10代〜70代と幅広く、リピーター率が高いことから、お客様同士が顔見知りになったりするので、来店の度に予測不能な何かが起こります。このような、不思議な魅力のお店つくりをすることで、大きな変化を起こし、お客様に気付いてもらうことも重要だと思います。

さらに、変化を起こすだけでなく、私はアットホームな場所を作ろうと思い、今まで経営をしてきました。当店のブログの更新もその一つです。毎日更新することで、お店とお客さまの距離を近くに感じてもらいます。一年に一回でも足を運んでくれる固定客を獲得し、一人一人を大事にすることでクチコミで新規顧客が増え続けています。ブログから私のキャラクターに好感をもっていただき、世界一周バックパッカー時代や、ディズニーランドで働いていた時の話など、自分自身の経験について興味をもち、お店に話をしに来てくれる方も多くいます。こんな自分に会いに来てみませんか?

おかげさまで「東京駅に近いという立地も助けとなり、店の病み付きになったファンが足を運んでもくれたり、お客様同士が話すことで出会いの場にもなったり」と、全国を探してみてもこのようなお客様同士が話しやすく仲良くなれるアットホームなショップは他に例をみないと思います。

Q3.座右の銘

「神様よりも自分を信じろ」

Office Hit 多湖弘明代表からのご紹介


特集「島崎拓人代表」の記事一覧
もっと読む
  • なんでもやってみる/島崎拓人
    2015.03.06

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2015.01.22
シンバイオ製薬(東証ジャスダック:4582)の吉田文紀社長に同社の将来展望を伺いました。患者数の少ないものの医療ニーズが高い「空白の治療領域」の新薬を開発する同社ですが、競合が少ない治療領域で闘う戦略に成長の鍵がありました。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ