1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 今井淳史代表
  4. ブランディング、プロモーションに効果絶大な音楽をプロデュース/今井淳史

今井淳史代表

ブランディング、プロモーションに効果絶大な音楽をプロデュース
/今井淳史

2015.03.09

イマショウワークス株式会社

代表取締役 今井淳史

今井淳史代表

【事業内容】

  • 音楽プロデュース事業全般(アーティストプロデュース、企業ブランディング&プロモーション音楽事業、各自治体向けオリジナル楽曲プロデュース事業、教育機関向けオリジナル楽曲プロデュース事業)
  • 商品プロデュース事業

  • Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください


    私は幼少より夢だったレコーディングディレクター&プロデューサーを目指して、高校卒業後に北海道札幌市より上京しました。
    当初はレコーディングエンジニア職に携わり、その後、念願であったレコーディングディレクターに転向。大手プロダクションにて多くのアーティストや様々なジャンルの音楽の作品に携わりました。
    やがてSNS、ブログなどの消費者発信型メディアが台頭。ケータイの爆発的普及も影響し、人々の関心がマスメディアからWEBに移行し始めました。マスメディアへのプロモーション展開を主としていた、音楽ビジネスの衰退も顕著になり始めました。
    音楽業界の体質の大きな変革が急務ではありましたが、実際には業界の対応は後手後手に回りました。
    そんな折、私は一度音楽業界を離れ、知人と共にWEB口コミメディア事業の会社を立ち上げ、出資金を多く集めるも事業に失敗。その後、貿易事業などにも携わりましたがうまくはいきませんでした。。
    このままでいいのだろうか・・・、自分は何をしているのだろう・・・そんな想いを持つようになり、気持ちはどん底の状況でした。 ところが、ある方との出会いが私を決意させました。初めてお会いした際に「今井さんは何ができるの?ホントは何がしたいの?」と言われ、ハッと気がつきました。私には音楽しかないと。
    私は、音楽業界を一度は離れは致しましたが、音楽を通じて人を輝かせたいという想い、社会に貢献したいと想いはずっと心の中にありました。そして、自分自身を騙すように長いこと封印しておりました。
    しかし、そのお言葉のお陰で、現在は再び音楽プロデュース事業を開始。主に一般企業様、地方自治体様、教育機関などのブランディング、プロモーションに大きな効果を期待できるメジャークオリティのオリジナル楽曲をローコストで提供する事業展開を開始致しました。またWEB口コミ事業などの他事業、業種に携わった経験、知識を大いに活かして、幅広い視野で事業に臨んでおります。


    Q2.黒字経営の秘訣を教えてください


    面目に真剣に取り組むことだと思います。
    お金目的で仕事をするのではなく、自分のアクションで世の中をどうしたいのかを考えなければならないと思います。それがプロとしての心構えであり、プロであり続ける秘訣です。
    また、誠実な人には人が集まります。例え金銭面で苦労しても人脈があればなんとかなります。
    人脈は信頼のもとで成り立つので、そのためには一生懸命仕事に取り組むことです。


    Q3.座右の銘


    「No pain, no gain」





    特集「今井淳史代表」の記事一覧
    もっと読む
    • ブランディング、プロモーションに効果絶大な音楽をプロデュース/今井淳史
      2015.03.09

    日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


    海外投資新聞に関するみなさんの声
    関連する海外投資新聞の記事
    ページトップへ