1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 門脇圭代表
  4. 収入を最大化して支出を最小化させる/門脇圭

門脇圭代表

収入を最大化して支出を最小化させる/門脇圭

2015.03.10

株式会社a-Sol Japan
代表取締役 門脇圭


門脇圭代表

【事業内容】
■中国、東南アジアにおける生産現場・物流現場へのカイゼン指導
■生産、物流現場への現場カイゼンシステムの開発・導入
■自らカイゼンのできる人材育成の為の「カイゼン塾」運営

【URL】
株式会社a-Sol Japan
http://www.a-solsh.com

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

学校を卒業し、とある製造会社に就職し、出向先であるマレーシア工場で10年ほど働いておりました。その時のノウハウを活かして2003年に中国で起業をしたのです。日本に本社を持たない企業として中国で法人登記をしたのですが、過去に前例がなく日本からも中国からも融資が受けられないので、始めの資金繰りは困難だったと思います。

2、3年はお客様も定着せず、言葉の壁もありましたし、営業やマーケティングの技術が0だったので収益が中々上がりませんでした。

そこで私は徹底的に勉強をしました。何を勉強したのかというと、お客様のつかまえ方です。DMの書き方やマーケティング方法から学んでいきました。そして、当時はまだそこまで大きい市場ではなかったネット広告も積極的に出していくようにしました。

そのような下積みを繰り返し、右肩上がりで成長をして今日までくることができました。困難があったからこそ今の営業の仕方やマーケティングの仕方を身につけることができたので、今思うと困難があったから「今」があるのだと思います。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

ひとつしかありません。

「収入より支出を減らす」

当たり前のことのようですが、これに尽きると思います。簡単に聞こえますが、中々できないものです。支出を減らす最善策としては「一番削れるとことから削る」ということが必要です。

社長の仕事として一番大事なのは、収入を最大化して支出を最小化させるということなので、自分の為だけに経費をたらふく使う社長はナンセンスです。そのような会社に限って売上が減少することを外的要因のせいにしがちですが、景気が悪くても黒字経営をしている経営者はたくさんいらっしゃるので、そこには「方法」があるのではないでしょうか。

Q3.座右の銘

「感謝」

感謝をされる仕事をしよう!という意味で社訓にしています。感謝をされる仕事とは、すなわち「いい仕事」なのでそこに我々の「価値」があるのだと思っています。

株式会社インテグリティ 福澤友裕代表からのご紹介


特集「門脇圭代表」の記事一覧
もっと読む
  • 収入を最大化して支出を最小化させる/門脇圭
    2015.03.10

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ