1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 堀内崇代表
  4. 志ある人々がイキイキと活躍していく社会を築く
    /堀内崇

堀内崇代表

志ある人々がイキイキと活躍していく社会を築く/堀内崇

2015.03.10

株式会社TOKYO Sprout Design
代表取締役/インフォグラフィックプロデューサー
堀内崇


堀内崇代表

【事業内容】
■インフォグラフィックデザインの制作、提供
■販売促進のプランニング・制作
■夢や目標を叶えるためのワークショップの実践、フォロー

【URL】
株式会社TOKYO Sprout Design
http://tokyosprout.com

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

独立直後、お客様を獲得できなかったことです。独立前までサラリーマンをしながら副業で個人事業としてたくさんの方の名刺などをデザインしていましたが、いざサラリーマンをやめて起業をすると中々うまくいきませんでした。

原因は「顧客ターゲット」が見えていなかったというのが一番の理由だったと思います。最初は薄利な仕事をたくさん受けていたので、利益率も悪く、すぐに限界がきてしまいました。

そこから方向性を「個人向けの仕事」から「企業向けの仕事」へとターゲットを転換していきました。その結果、案件が徐々にいただけるようになり、高単価でも理解していただける仕事をこなすことができるようになったのです。

クオリティ高い完成物を提供することができるようになり、結果にコミットメントした制作を提供しているので、一つ一つの仕事の単価を上げることができ、乗り越えることができたのです。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

お客様に対していかに高い価値を提供し続けるか、それに尽きると思います。それはお客様の問題をより多く解決することに一生懸命でなければなりません。そしてどこまで結果にコミットメントできるかがポイントになってきます。

また、単価が高いサービスでも「それ以上の利益」を上げられるとお客様に理解してもらい、それを約束できなければなりません。そこをうまく繋げることができればおのずと黒字経営になります。「ここまでできるのです!」という価値の高さを示していき、満足を超えた感動を提供することができれば顧客満足度は倍増するのです。

私が取り組んでおりますインフォグラフィックは情報や特徴・強みをコンセプトをもとにストーリー化してそれをビジュアルで伝えるものです。それに出会ったのは4年前の震災の時にネットから流れてきた一枚のインフォグラフィックの画像からでした。
(画像:http://stam-design-stam.blogspot.jp/2011/03/7.html)

震災の時に何も出来なかった自分にとってこの画像は世界を救うものだと思い、デザインで世界の問題を解決したいと思ったことがインフォグラフィックに取り組んだきっかけでした。デザインで世界のあらゆる問題を解決し、志ある人々がイキイキと活躍していく社会を築くこと、これが私の夢です。

Q3.座右の銘

「悔ゆる余地なき青春であれ」


特集「堀内崇代表」の記事一覧
もっと読む
  • 志ある人々がイキイキと活躍していく社会を築く
    /堀内崇
    2015.03.10

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ