1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 塚原聡一代表
  4. 成長できる環境作り/塚原聡一

塚原聡一代表

成長できる環境作り/塚原聡一

2015.03.12

株式会社アットフリーク
代表取締役 塚原聡一

平沢基裕代表

【事業内容】
■自社メディア運営
■Webサイト制作
■Webマーケティング

【URL】
株式会社アットフリーク
http://www.at-freak.jp/
オフィスマッチ
https://office-match.jp/

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

個人事業主として自宅の一室でスタートしました。営業を今までメインで行ってきたこともあり、仕事の受注自体は順調にいき、10か月程度で法人化することになりました。法人化し事務所を構え人も徐々に増えてきた時、私以外は制作できるメンバーを主体で集めていたこともあり、私は常に外に出て、メンバーは社内にいる状態が続いた時にコミュニケーション不足と擦れ違いから制作側の意見とぶつかることが増えてきました。

その不満が高まり5人だったメンバーのうち制作できるメンバー3人が辞める自体になってしまいました。制作の仕事もあり、お客様に迷惑かけるわけにはいかないので、回りの方にご協力いただきながらなんとか納品に至ることはできました。

今ではこのようなことを起こさぬようコミュニケーション、価値観の共有について気をつけております。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

お客様満足度を上げることと行動していくことだと考えております。お客様満足度を上げることによって、リピートしてもらう、紹介をもらう、営業コストを下げる、利益率を高めるなど様々なメリットがあります。満足度を上げるためにはクオリティ、レスポンス、スピード、ホスピタリティだと考えており、常に意識しております。

また行動につきましては新しいことへのチャレンジや思い立ったら動くということです。去年はじめから自社メディアの企画をたて10か月でオープンすることができたオフィスマッチ(https://office-match.jp/) ですが、サービスの企画から参画してもらう不動産会社の営業、ユーザー集客のWebマーケティングなど全て自分で行っております。完全成果報酬モデルなのですが、おかげさまでオフィスマッチ経由の成約も上がってきております。より拡大していくためには自分含めたメンバーの成長が不可欠なため成長できる環境作りに力を入れていきたいと考えております。

Q3.座右の銘

「為せば成る」


特集「塚原聡一代表」の記事一覧
もっと読む
  • 成長できる環境作り/塚原聡一
    2015.03.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.06.18
ダリオ氏の運用会社、ブリッジウォーター・アソシエイツの旗艦ファンドの「ピュア・アルファ」は、規模の大きさにもかかわらず、過去20年の平均リターンが14.7%と業界最高水準のトラックレコードを叩き出してきた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ