1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 岩谷洋昌代表
  4. 家業から、出版業界への道のり/岩谷洋昌

岩谷洋昌代表

家業から、出版業界への道のり
/岩谷洋昌

2015.03.13

H&S株式会社
代表取締役 岩谷洋昌


岩谷洋昌代表

【事業内容】
出版支援サービス

【URL】
H&S株式会社
http://hs-1.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

このビジネスを始めた時は、私は本を書いたことも無い、出版したこともない状況でしたので、どの出版社にも相手にしてもらえず、出版社とのパイプを作ることがまず大変でしたね。また、企画を作って頂ける仕事仲間を作ることが大変でした。
このビジネスをする前に、3~4年間はセミナーに沢山出席して様々な経営者との繋がりがありましたので、潜在的なお客様は抱えていました。

このビジネスを立ち上げたものの、なかなか上手くいかず、実は、派遣会社で働いていた時があるのです。
これは1年就職活動したのにどこも採用してくれず、3か月派遣で営業をしていました。 その時、「労働者は向いていない。このビジネス一本で勝負しようと」と決心しました。詰められまくりましたが、ここで学んだ、量は質を凌駕するという考えは今でも大切にしております。

そこからマインドが変わったことで、出会う人が全く変わりましたね。
今まで出会うことができなかった優秀な編集者や有名出版社を紹介していただけるようになりました。私自身は大きく変わっていませんが、周りの人間が変わっていく。。。今でも不思議に思いますね。。。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

約束は守る。どんなに小さなことでも言ったことは絶対にやる。即行やる。徹底してやる。

どんなに小さい約束でも絶対に守ります。極端な話をすると、合コンを頼まれたら絶対にやります(笑)他にも、ビジネスにおいて「こういう人紹介して」と言われれば必ず紹介します。 なぜなら、簡単に言えば頼ってもらうことが嬉しいのです。私の父親は家族全員から頼られ、会社の社員の方からの信頼が非常に厚い人でありました。私は父に対して強い憧れがあるのだと思います。
以前は誰からも頼られていませんでしたので、頼られることが素直に嬉しいのです。そして、約束を忘れない為に、すぐやることです。依頼する人はきっと何人かに声をかけているはずなので、私が一番先になんでもしてあげたいと思うのです(笑)

Q3.座右の銘

「すべて己次第」
自分で覚悟を決めた途端、出会う人や環境ががらりと変わる体験をしたので、大切にしています。

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

Dream Company株式会社 樋口圭哉代表

タンタン整骨院 小林敬和代表


特集「岩谷洋昌代表」の記事一覧
もっと読む
  • 家業から、出版業界への道のり/岩谷洋昌
    2015.03.13

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
世界にはたくさんの一流ヘッジファンドがあります。中でも上位のファンドの運用者の報酬は目が飛び出るばかり。ファンドのリターンが高い証拠であり、有名ヘッジファンドに投資する個人投資家も着実に増えています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ