1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 志賀惠子代表
  4. 遅延型アレルギー検査のパイオニア
    /志賀惠子

志賀惠子代表

遅延型アレルギー検査のパイオニア
/志賀惠子

2015.03.17

アンブロシア株式会社
志賀惠子代表


志賀惠子代表

【事業内容】
・検査サービス・食品等の輸入および販売

【URL】
アンブロシア株式会社
http://www.ambrosia-kk.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

「原因の分からない慢性症状の解決に役立ちたい」という思いで立ち上げた当社ですが、独立当初は苦労することもとても多かったです。
当社で扱っている「遅延型フードアレルギー検査」は、日本での採用事例が無かったことから、国内の医療機関で使っていただくための理解を得ることは非常に困難でした。
ただ、お医者様の中にも原因不明の体調不良に悩まされている方はいらっしゃったので、そういった先生方が当社の検査をまずご自身でお受けになり、症状の改善を実感していただくことで、ご採用いただくことが出来るようになりました。
その後、お知り合いの先生をご紹介いただくことも増え、ブレークスルーの段階を迎えることが出来ました。
早いもので、まもなく創業8年目を迎えます。クライアントの先生から患者様が改善されたことをお聞きしたり、体調が良くなられた患者様からお電話やメールをいただくことがありますが、それが何よりの励みとなり、起業して本当に良かったと心から思います。
人は健康でなければ幸せにはなれません。今後も人生の中で非常に重要な「健康」というファクターに、遅延型フードアレルギー検査の普及を通じて貢献していきたいと思います。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

創業から半年ほど経った頃、キャッシュフローを適切に保つことが難しくなった時期がありました。
ベンチャー企業へのスタートアップ支援なども受けていなかったため、経営を行っていくことの厳しさをいきなり肌で感じることとなり、マーケティング費用を中心に徹底したコストの見直しを実施しました。
また、業務フローを見直し、システム化を推し進めることで、機械に出来ることと人間にしか出来ないことを明確にし、効率的に会社運営を行うことが出来たからこそ黒字経営を達成できたのだと思います。
今後もカスタマーサービスの向上を常に目指しつつ、人の健康と食の重要性に着目し、栄養管理や食生活改善のサポートを積極的に進めていきたいと考えています。また、様々な角度から不調の原因を見つけられるよう、検査のラインナップも広げていきたいと思います。検査は受けて終わりではなく、そこからが健康になるためのスタートです。その方に合ったサポートを行うことで、健康面に悩みを抱える方々に寄り添っていきます。

Q3.座右の銘

「無駄な経験は一つもない」
創業当初、苦労しながら営業活動を行う中で、あるお医者様からかけていただいた言葉です。
この言葉があるからこそ、今までやってくることが出来たのだと感じます。


特集「志賀惠子代表」の記事一覧
もっと読む
  • 遅延型アレルギー検査のパイオニア
    /志賀惠子
    2015.03.17

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.11.12
日本では個人金融資産の6割超が預貯金に滞留しているが、わずかにでも投資をしている人は日本株か国債がほとんど。外国株や外国債券に投資する投資信託等の普及はまだまだというのが現実だ。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ