1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 桑原康浩代表
  4. やりたいことは全部やれ/桑原康浩

桑原康浩代表

やりたいことは全部やれ/桑原康浩

2015.03.18

株式会社ファーストステップ

代表取締役 桑原康浩

桑原康浩代表

【事業内容】

  • 法人向けWebシステムの設計・開発
  • オリジナルWebシステムの企画・設計・開発・運用・保守・販売
  • ソフトウェア・ハードウェア製品の販売
  • 上記作業に付帯する作業全般

  • 【URL】

  • 株式会社ファーストステップ HP
  • 『使える!英語で服薬指導ハンドブック』
  • 『簡単ホームページ作成サービス』
  • Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください


    弊社は2004年に設立しまして、元々は親会社の事業所として運営をしておりました。親会社の倒産により、有限会社としてスタートしました。事業所の必要経費(賃料や電気光熱費等)や取引先への支払いは全て親会社を経由して支払っていたのですが、そのお金が親会社から支払われておらず、滞っており、親会社の倒産後は支払いの請求がすべて弊社に請求されましたので、その無駄な借金を完済するのに2~3年かかりましたね。月に3万円で生活をする時期もありました。
    事業所として運営をしていた頃から小規模でしたが利益は出しておりましたので、完済をすることができました。それでようやく本来のスタートが切れました。ちょうどその頃、有限会社法が廃止になり、株式会社に組織変更するとともに社員が考えてくれた社名、現在のファーストステップに社名変更し、再スタートすることができました。


    Q2.黒字経営の秘訣を教えてください


    「数字を把握すること」だと思います。会計で処理された売上、利益、経費などお金の流れをすべて把握していない経営者もおそらくいらっしゃると思います。過去の結果を把握した上で、今何ができるのか、将来どんな事業を進めていくのかを明確にしていかねばなりません。 また、「人と仕事のバランスを上手くとること」です。これは、システム開発を行う業界に限ったことかもしれませんが、若い社員に最適な仕事と中堅社員に適した仕事、ベテランの仕事とバランスを取って事業を創出することも大切だと考えています。 私は、システム開発に携わる以上、よりよいシステムを作り、面白い製品を生み出したいと思っておりますし、その上で社員全員が定年までいきいきと働ける会社作りを目指しております。 弊社が運営する『くるる(http://kururu.jp/ )』、『Quick1(http://quick.business-hp.com/ )』は、上記のような問題点を解決できるシステムであります。


    Q3.座右の銘


    「やりたいことは全部やれ」




    特集「桑原康浩代表」の記事一覧
    もっと読む
    • やりたいことは全部やれ/桑原康浩
      2015.03.18

    日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

    あわせて読みたい

    2013.04.26
    米金融業者のMRIインターナショナルが、資産の一部を消失した疑いがあることが、証券取引等監視委員会の調査でわかった。同社が販売していたのは、「診療報酬請求権債権投資(MARS投資)」と呼ばれる商品。 …続きを読む

    海外投資新聞に関するみなさんの声
    関連する海外投資新聞の記事
    ページトップへ