1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 竹井佑介代表
  4. Give and Forget/竹井佑介

竹井佑介代表

Give and Forget/竹井佑介

2015.03.20

ミリオネアアカデミー 代表
Real me 代表取締役
社会投資家普及協会 代表理事
竹井佑介


竹井佑介代表

【事業内容】
・投資家育成事業
・面貸し美容室Real meの運営
・社会投資家普及活動

【URL】
NextLevel
http://nextlevel-fx.com/
Real me
http://real-me.me/
社会投資家普及協会
http://socialinvest.or.jp/


◆投資家となった経緯を教えてください

大学院の学費を捻出するためにFXを始めたのがきっかけです。大学院では数学を専攻しており、起きている時間のほとんどは研究室にこもりっきりで、数学と向き合っていました。
バイトをすることもままならず、北海道にあるお世辞にもきれいとは言えない家賃19000円のアパートで極貧生活を送っていました。
研究室から自宅に戻ってきた後、夜中にお金を稼げるものがないか探した結果、たどり着いたのがFXだったのです。元々20万円を用立てしたものの勉強代に17万円を使い、残りの資金3万円からスタートしました。結果ビギナーズラックにも恵まれ1カ月で100万円まで資産を増やすことに成功しました。
もちろん正しい知識もない状態での投資が上手くいき続けるはずもなく、それからほどなくして米雇用統計の発表の日の一晩でその大半を溶かしてしまったのです。
しっかりとしたノウハウがなければ、継続して勝利し続けることはできないと悟った私は、本屋や図書館で徹底的に投資やメンタルの本を読み、「勝つ方法」を探し求めました。そしてその作者に直接メールを打ち、「成功する投資方法」を直接聞くことにしたのです。
様々な方と御縁をいただき、素晴らしいノウハウに数多く触れることが出来ました。結果として、トレードの開始から2年が経つころには自身独自の投資手法を作り上げ、月収1000万円を達成し最近では月に4000万円近く行くこともあるようになってきました。

◆ミリオネアアカデミーではどういったことを教えているのですか?

ミリオネアアカデミーでは単なる投資手法に留まることなく、投資を行っていく上でテクニカルな部分以上に大切になる「投資家としての器」の創り方を教えています。
かつての私がそうであったように、ビギナーズラックで一時的に大金を手にしたとしても、それに見合うだけの器がなければあっという間にお金は自分のもとを離れていってしまいます。富を得た時に、それを正しく使う器をもっていることが大切です。ミリオネアアカデミーではこのことを「富保有意識」と表現しています。
この「富保有意識」こそが私以外の日本のトレーダーでは教えることが出来ない内容となっているのです。会員に向け、心、経済、健康そして仲間を軸に、より豊かな人生を開発するお手伝いを行うことで、今では日本最大級のFXの学校に成長することが出来ました。

◆他にはどういった事業を手掛けていますか?

Real meという、独立志向のある美容師向けに「面貸し」美容室の運営を行っています。
美容業界は非常に入れ替わりの激しい業界で、年間一万店舗が新規開業し、ほぼ同数がお店を畳んでいるという現状があります。そのような状況では、大手美容室の幹部となるか多額の初期費用を通じて独立をする以外、仮に非常に高度な技術を非常に持っていたとしても低い給料で働かなければなりません。
どんな投資にも言えることですが、チャンスは「不自然な環境(ギャップ)」の中にあると考えています。高い技術、リピーターを持つ美容師が月給10万円台で働いている、という状況は不自然以外の何物でもないと感じ、この事業を立ち上げました。
「独立志向はあるものの資金面の問題で諦めている美容師に対し、毎月定額で美容室の一角を貸し出す」という事業内容なのですが、Real meの強みはそのバック率に在ります。一般に面貸しをしている美容室で働いていると、お店側に40%~60%ほど差し引かれ、残りが手取りとなるのですが、Real meの場合は「全額」美容師の収入になります。我々が中抜きをせず、価格設定も美容師本人に任せるなど、本人の力がそのまま収入に繋がる仕組みを作っています。
この革新的制度の導入により、実際に働いている美容師の中には月収400万を達成する人も出るなど、今まで存在していた不自然な給与体系を自然な形にすることに成功しました。まだ創業から2年ほどですが既に全国に6店舗の配置が進んでおり、今後もこの面貸し美容室での勤務という働き方はますます一般的になっていくと確信しています。

◆今後10年間で竹井代表が目指すところはどこですか?

私は現在、社会投資家普及協会での活動を通じ、投資で稼いだ額の一部を世の中のために還元しています。相手に与えて見返りを求めない「Give and Forget」の精神で、幸せのお裾分けを行う社会投資家を増やしていくことを目指しています。そういった幸せを広げる社会投資家の集まりを作ることによって、理想の未来を現実化させるスピードも加速していくと考えているからです。
今後は30代のうちにミリオネアからビリオネアになり、ビジネスの世界から引退したいと考えています。人と人を繋げる組織を作ること、社会投資家として訪れた地域で出会った子どもたちを養子として迎え、世界中で活躍できる人材に育て上げていくことを目指して参ります。

◆座右の銘を教えてください

「大爆笑しながら大成功」
一度きりの人生を、仲間と大爆笑しながら大成功して生きていければ、こんなに素晴らしいことはないのではないでしょうか。自分自身が幸せだと知ることで、周りの方々に対して幸せのお裾分けを粋に行うことが出来るようになります。
今後も「稼いだお金でやりたいことがある」、「社会に還元していきたい」といった心意気を持つ投資家の育成に励んでいきたいです。

「仕事は本気、遊びは死ぬ気」
世界中の成功している投資家やミリオネアにお会いして気がついたことは、皆素晴らしい遊び方をしている、ということです。常に周りを楽しませることを念頭に置いている方ばかりで、例えばゴルフひとつとったとしても、ラウンド中、一緒に回るキャディさんが笑顔になれるような粋な計らいをする方などが非常に多いです。私自身もそういった遊び方が出来るよう、心掛けています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
特集「竹井佑介代表」の記事一覧
もっと読む
  • Give and Forget/竹井佑介
    2015.03.20

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ