1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 斎藤由美子代表
  4. 個をあるがままに生かす/斉藤由美子

斎藤由美子代表

個をあるがままに生かす/斉藤由美子

2015.03.23

株式会社シーウィンプロ
代表取締役 斉藤由美子


斉藤由美子代表

【事業内容】
人材開発支援
営業支援

【URL】
株式会社シーウィンプロ
http://www.seewinpro.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

一番苦労したことは、先々の計画が予定通りに行かずお金が回らないという不安によって、精神的に追い込まれたことです。
弊社の事業は個人事業主からスタートし、おかげさまで多くのプロジェクトを抱えていたのですが、景況やクライアントの組織体制の変更から、突然大きな案件の取引が打ち切りとなった時がありました。この時に学んだことは、契約確定をするまでは何が起きるかはわからない状況であること、さらに提供価値を高めることの必要性、そして営業力を上げることを痛感しました。
また、法人化してからは、職人型のビジネスモデルであった為、一人ですべてをこなしていました。しかし一人で出来ることには限りがあり、事業も大きくならない。志に共感してもらえる仲間を増やしビジネスモデルの変革を起こしたいと考えていたのですが、会社の創業期であり安定していない中では、仲間を増やすことには一苦労ありました。雇用の創出をすることで社会貢献をしたいという思う気持ちもあり、人材には、大きなエネルギーを注ぐべきところであり、会社は人が全てだと思います。
起業するにあたって重要なことは、当たり前ですが「志」を持つことです。目先の利益ではなく、社会に対して自分がどうありたいのかを強く持たないと、人もついてきませんし、事業も長続きしないと思います。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

弊社のような原価を抱えないビジネスモデルは、利益の大きさではなく利益を出し続ける仕組みを設けることがキーポイントです。
そして、仕事の一つ一つを大事に、どの案件も利益を出しているかを大事な視点として確認します。
また、お客様の期待以上のものを提供することは大前提にありますが、目に見えないものを提供するビジネスでは常に自分の価値を上げ続けるスタンスを持たねばなりません。
リクルートに勤めていたころに恩師に教わったこと精神、「共生」が最も大切なことだと思うのです。どちらかが儲けている・儲けていないという状態では、いけません。私は赤字を出し続ける会社は会社の存在価値が無いと考えています。
微力ながらでも利益を出すことで社会に貢献し、国に貢献していきたいと思います。

Q3.座右の銘

「個をあるがままに生かす」



特集「斎藤由美子代表」の記事一覧
もっと読む
  • 個をあるがままに生かす/斉藤由美子
    2015.03.23

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
世界にはたくさんの一流ヘッジファンドがあります。中でも上位のファンドの運用者の報酬は目が飛び出るばかり。ファンドのリターンが高い証拠であり、有名ヘッジファンドに投資する個人投資家も着実に増えています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ