1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 田丸誠代表
  4. 法人、個人の危機管理なら当社まで!/田丸誠

田丸誠代表

法人、個人の危機管理なら当社まで!/田丸誠

2015.03.23

株式会社誠シークレット・サービス・コンサルティング
代表取締役 田丸誠

田丸誠代表

【事業内容】
■身辺警護 (ボディーガード)
■法人・個人の危機管理コンサルティング
■企業間の取引、業務提携等に関する仲介及びコンサルティング

【URL】
要人警護.jp
http://youjinkeigo.jp/

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

我々の仕事は、お客様と共に困難を乗り越えていく仕事です。

水も漏らさぬ情報管理も当社の魅力ですので、それぞれの依頼の詳細はお話出来ないのですが、皆様の困っていることの解決や被害の未然防止が主な事業内容となっています。

まずはお客様が被害に遭われぬよう、トラブルを未然に防ぐための対策を提供します。被害に遭われた後のご相談の場合には、それ以上被害が拡大しないよう、消火活動のお手伝いをします。それも間に合わず、拡大してしまったら少しでもお客様の信用が傷つかぬよう、出来る限りの施策を打つ、といったようにトラブルのステージに応じて最適なソリューションを提供しています。

そういった意味では日々お客様の困難に対し、当事者意識を持って立ち向かっていますので、一つお客様の問題が解決する度に「困難を乗り越えた」体験をしているように感じています。

実際に、お客様と共に様々な困難を乗り越えていくことで信頼関係が芽生え、再び依頼をいただくことも珍しくありません。

今後もお客様の困難を自身のものであると感じる気持ちを忘れることなく、危機管理のメソッドを提供していく所存です。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

当然のことながら様々な危険が伴う仕事ですので法改正等によってお客様の依頼の中でも対応できるものと出来ないものが出てきます。

出来ないことを依頼された場合にも、代替案としての解決策を提供出来なければ、信頼を得ることは出来ません。状況に即した解決案を提供できるよう、元警察官でありながらも常に最新情報をインプットし、法律の枠の中で可能な範囲で最大限の安全と安心を提供することを心掛けています。そういった自助努力の成果をお客様に伝達することでこそ、信用を得られます。

また、トラブルの原因となる相手方も常に最新情報を持っている、ということを忘れずに日々の業務に向き合うことで新しい対策が見つかることもあります。

最新の情報と柔軟な思考法を通じて、最大限の安全を提供することが黒字経営には不可欠であると思います。

Q3.座右の銘

「義を見てせざるは勇無きなり」


特集「田丸誠代表」の記事一覧
もっと読む
  • 法人、個人の危機管理なら当社まで!/田丸誠
    2015.03.23

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ