1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 小林敬和代表
  4. 患者さんが笑顔で帰れるよう全力をそそぐ/小林敬和

小林敬和代表

患者さんが笑顔で帰れるよう全力をそそぐ/小林敬和

2015.03.23

株式会社K-company タンタン整骨院
代表取締役 小林敬和


小林敬和代表

【事業内容】
整骨院経営
健康食品、健康グッツ販売
健康イベント、セミナーの開催

【URL】
タンタン整骨院
http://www.tantan-seikotsuin.net/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

整骨院を東京へ移転した時のことです。
元々は、埼玉県草加市で開業したのですが、以前勤めていた病院の近くに店舗を置きましたの で、病院に通うお客様が来てくださりましたし、病院からのサポートもあったので、売上には全く困りませんでした。
しかし、店舗を現在の場所へ移転してからは、売上が全くありませんでした。一日に3人しかお客様が来店されない時もあり、「この仕事を辞めて稼げる夜の仕事に就こう」とも考えていましたね(笑)
とにかくがむしゃらにできることはすべてやりました。自分の意識が行動を変えたのだと感じます。
一番大切なことは、まずは自分を信じることです。そして、スタッフを信じて、お客様を信じて仕事に取り組むことだと思います。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

まずは体調管理を徹底することですね。体と心が健康であることは、経営だけでなく全てにおいて一番です。ましてや、私のビジネスは健康に関することなので心身共に健康であることが大前提です。心が乱れていると、それがお客様にも伝わってしまいますし、体が悪そうな先生に、患者様は診てほしくはありませんよね。

また、仕事を楽しむことが大切ですね。仕事を飽きさせないように努力することが大切です。「商い」はまさに「飽きない」です。お客様には毎回同じ施術をするのではなく、もちろん症状にもよりますが、あえて違うことをやってみたり、会場を変えて治療やたまに健康ツアーやセミナーを開催したり、常に変化させながら仕事に取り組んでいきたいです。

Q3.座右の銘

「適当」―――決して悪い意味ではありません。適確に当てることが大切です。

「出る杭は叩かれる、出ない杭は腐る 出過ぎた杭は見上げられる」―――行動しないのは一番だめです。そして中途半端な行動も何をするにもよくないです。人から叩かれているうちは、まだ中途半端です。そこを頑張って乗り越えてこそ行動が実って、人から尊敬されたり認められたりします。

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

H&S株式会社 岩谷洋昌代表


特集「小林敬和代表」の記事一覧
もっと読む
  • 患者さんが笑顔で帰れるよう全力をそそぐ/小林敬和
    2015.03.23

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.08
カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ