1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 竹本哲郎代表
  4. 迷った時は大胆に攻める/竹本哲郎

竹本哲郎代表

迷った時は大胆に攻める/竹本哲郎

2015.04.08

イネーザ株式会社
代表取締役社長 竹本哲郎


竹本哲郎代表

【事業内容】
・WEBアプリ、スマホアプリ受託開発

【URL】
イネーザ株式会社
現在作成中


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

初めて間もないころは、とにかくキャッシュがなく苦労しました。資本金1万円からのスタートだったので、支出と収入のバランスをすぐにとることが出来なければ、生活すらもままならない状況でした。
普通であれば、すぐに倒産してもおかしくない状況だったのですが、何とか乗り越えることが出来たのは、周りの方々に手を差し伸べていただいたからに他なりません。
将来的には独創的なアプローチで大きな付加価値を社会に提供していきたいと考えていますが、スタートアップ間もないころは知り合いからのご紹介など、密なコミュニティの中でお仕事をいただくことで組織を守ることが出来ました。
そういった方とのご縁を大切にしながら、今後は「モノを通じてコミュニケーションする」為のプラットフォームなど、自社サービスの開発に乗り出していくつもりです。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

運と御縁に尽きると思います。
運と言っても「何かいいことないかな」という受け身の姿勢ではなく、自社で提供できる最良のサービスをご提案し、運を引き寄せる素地を作っておくことが大切です。実際に、常に最善を尽くし続けることで、周りの方から応援いただけることも多くなってきており、売上にも反映されるようになりました。
それは社外のお取引先様に対してのみではなく、社内においても同じであると考えています。当社で抱えるスタッフは全員がフルコミットしているというわけではありません。大手企業であっても第一線で活躍できる人材ばかりです。そういった優秀なメンバーに共感してもらえるビジョンや将来像を示すことが出来なければ、組織は空中分解してしまいます。そのような事態を防ぎ、組織一丸となって目標に進むためにはやはり「能動的な運の良さ」が不可欠です。社員からの信頼も勝ち取っていくことが出来るよう、今後も社内外に対して常に期待以上の成果を提供していく所存です。

Q3.座右の銘

「どこまでも遠く高く」


特集「竹本哲郎代表」の記事一覧
もっと読む
  • 迷った時は大胆に攻める/竹本哲郎
    2015.04.08

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.22
エニグモ(マザーズ:3665)の成長と拡大の可能性、将来性を須田代表に伺いました。エニグモの強みは世界的にみても競合他社がいないこと。須田代表はすでに世界展開をにらんでいました。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ