1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 大上達生代表
  4. 必要なところにお金も時間も人も投資する
    /大上達生

大上達生代表

必要なところにお金も時間も人も投資する/大上達生

2015.04.22

株式会社 スタックアンドスタック
代表取締役 大上達生

大上達生代表

【事業内容】
■インターネットを使った輸入ビジネススクール運営
■輸出入業
■経営支援事業

【URL】
インポートエース塾
http://www.imp-ace.com/
株式会社 スタックアンドスタック
http://stack-stack.com/

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

今も困難や失敗はありますが、どちらかというと会社員時代のほうが気持ちの上での困難や失敗は多かった気がします。サイドビジネスで株式投資、FX、アフィリエイト、情報商材販売、せどり等をやってみたのですが、全て失敗に終わってしまいました。3年半ほどこのような失敗を繰り返していたものの、いつかは会社を辞めて独立したいと考えていたので輸入ビジネスを成功している人達から学び、「覚悟」を決めて起業をいたしました。

それまでは「自分の人生を変えたい」とずっと思ってはいましたが、一向に変化はありませんでした。変化がなかったのは当たり前で、「覚悟」を決めて「行動」していなかったからです。

覚悟を決めて起業してからは、ある程度の波はありましたが右肩上がりで成長することができています。会社員時代に、最後にお世話になった会社では、毎週月曜日に出社するのが嫌で嫌で仕方なかったのですが、それは自分自身の在り方に問題があり、仕事に対する考え方、引いては取り組み方を根本から変えていけば「幸せ」な仕事人生を送れるのだと、起業後に気が付きました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

当たり前のことにはなりますが、固定費や無駄な経費を使わず、必要なところにお金も時間も人も投資する、ということでしょうか。

また、簡単に人を雇うことをしていません。私自身、会社員時代に、業務として会社清算をしたり、また会社清算をした会社にいたことがあり、とても辛い思いをしたことがあります。会社にとって一番大事なのは、社員だと考えていますので、責任を考えると、その分慎重になります。ただ、業務を拡大するうえで仲間は絶対に必要不可欠な存在なのでコツコツと増やしていけたらと考えています。

そして、私自身の最近は、会社のステークホルダーはもちろん、ご縁のある方、一人一人を大事に接していく、というところを改めて、また仲間を応援することを特に意識しています。経営者として、出来るだけ視点を上げていくこと、また、基本的な行動の積み重ねが、自然と黒字経営に繋がっていくと考えています。

Q3.座右の銘

「I can do it, You can do it.」

株式会社TOKYO Sprout Design 西堀内崇代表からのご紹介


特集「大上達生代表」の記事一覧
もっと読む
  • 必要なところにお金も時間も人も投資する
    /大上達生
    2015.04.22

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ