1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 山﨑雄一代表
  4. 中小企業の運営体制を最短ルートで担う/山﨑雄一

山﨑雄一代表

中小企業の運営体制を最短ルートで担う/山﨑雄一

2015.07.30

株式会社YourLink
代表取締役 山﨑雄一


山﨑雄一代表

【事業内容】
 起業から約10期目までの各成長フェーズにおいて、経営体制の確立をはかるための経営管理業務ソリューションを提供しています。税務や法務、人事・労務や総務、営業・マーケティングなどの分野において、各領域における専門家と連携し、立ち上げからアーリーステージにおける経営、管理の業務をトータルでサポートします。

【URL】
株式会社YourLink
http://yourlink.co.jp/


【事業内容詳細】

アーリーステージの経営者は、本来の事業に集中するあまり、自社の経営体制の確立がどうしても後回しになります。結果、社長が経営管理に手が取られ、本来進めるべき事業に力を注げない現状は、数多く存在しています。かといって、税務や労務、法務をはじめとした経営における相談をまとめて聞ける場所はなく、確立すべき経営体制は多くが手つかずのまま残ってしまうことが少なくありません。当社では、経理の記帳代行や財務管理などの実処理を行いつつ、当社が信頼している税理士・会計士が税務処理を行います。給与計算や勤怠、労務管理が必要な場合も当社が実処理を行い、社労士の実業務については、当社が信頼している社労士が各役所への実処理を行います。その他、販促やマーケティングの分野では企画コンサルティング会社、また行政書士や司法書士、人材コンサルティング会社や投資会社、不動産会社など、あらゆる領域のプロフェッショナルと共に二人三脚で経営のサポートを行っております。

【大切にしていること】
既存の専門家がいらっしゃれば、その関係性を壊すことは致しません。
クライアントの意向と既存の専門家の主導を尊重しつつも、当社でできる経営の全体的なサポートやアウトプットを最大限に担えるよう心掛けております。

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私は20代前半の頃に30歳までのビジネスマンとしての目標を決めておりました。
それは「どんな商材でも新規営業で契約が取れる」という目標です。その目標の達成に向け、新規営業が誰よりも出来るようになる為に、様々に社会の経験をしていましたが、ある企業の新規営業で初めて痛烈なノルマ未達という経験をしました。
それまでは誰にも負けない営業マンであるという自負があったのですが、はじめて壁にぶつかったのです。もう二度とあんなに悔しい思いはしたくないと思い、次のステージでは、それまで一度も読んだことの無かった営業のノウハウ本や心理学の本などを読みあさり、それをすぐに実践しての繰り返しの日々を送り、目の痙攣や耳鳴りまで起きる状態になっても、尚、ストイックに業務に専念しました。結果、100人以上の営業マンの中でトップセールスになることが出来、胸を張って新規営業が出来ると言えるようになったのです。
10年前に思い描いた目標像に近づくことが出来たのも、悔しさをバネに一気に駆け上がった経験のおかげに他ならず、今のYourLinkの経営にも活かされていると思います。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

これはとても簡単なことで、常に財務分析をすることです。財務分析と言うと難しく感じるかもしれませんが、とにかく数字を見ること、これを徹底していれば赤字になることはほぼないと思っています。そして、細かく論理的に数字を読み取り、資金を何にどのように使うのか、また売り上げを伸ばす数字を作るには、どのような言動をする必要があるか?など常時、攻めと守りの調整ができれば黒字は可能です。また当社YourLinkの業務内容は、そんなお客様が少しでも経営や財務の戦略に集中できるように、また業務に専念して頂けるように経営管理業務として企業のバックオフィス業務を一手に担わせて頂くことで、より最短にお客様の成果UPへと貢献させて頂いております。
バックオフィス業務は、元来、経営者が時間を割く部分ではないと考え、経営者はいかにしっかりと本業に打ち込めるかが重要であると考えています。今後も中小企業の経営者に最短最速の経営環境を整えさせて頂くべく、日々、あらゆる解決を図り、企業の黒子役として役立てることができれば幸いと考えております。

Q3.座右の銘

「人生50年」


特集「山﨑雄一代表」の記事一覧
もっと読む
  • 中小企業の運営体制を最短ルートで担う/山﨑雄一
    2015.07.30

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ