1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 妹尾和幸代表
  4. 共存共栄を常に意識/妹尾和幸

妹尾和幸代表

共存共栄を常に意識/妹尾和幸

2015.09.09

株式会社リンクス 代表取締役
岡南下水開発株式会社 専務取締役
妹尾和幸


妹尾和幸代表

【事業内容】
■総合建築業

【URL】
岡南下水開発株式会社
http://kounan-okayama.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験

経営に携わるようになってから7年が経ちましたが当初はとても苦労をいたしました。当初はリーマンショックの影響もあり会社に現金が無く、売上もかなり減少していた時期だったのです。

私はまず、売上を上げる為に現金の確保を最優先で取りかかりました。融資の為に銀行を渡り歩いたのです。また、協力会社の確保と社員の教育にも力を入れました。

必死に走り回った甲斐もあり、お客さまも除々に定着し売上は当初の3倍にまで成長することができました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

内部的には社員一人ひとりが経営者という意識で仕事に取り組んでいます。会社にいるだけで給料が入ってくるというような雰囲気ではありません。
各個人がお金の計算をしますので、黒字化を皆が意識できるのです。

対外的には協力会社との関係を保ち続けるということが重要です。弊社では受注額を協力会社に全てお見せしています。その中での利益を折半するというスタイルを取っているのです。
自社の利益だけを考えれば、受注額を見せるやり方は間違っているかも知れませんが、弊社は共存共栄というものに重きを置いています。
共存共栄を常に意識していると協力会社からの信頼も増しますし、逆に仕事のご紹介も入るようになるのです。

Q3.座右の銘

「一期一会」


特集「妹尾和幸代表」の記事一覧
もっと読む
  • 共存共栄を常に意識/妹尾和幸
    2015.09.09

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.11.12
日本では個人金融資産の6割超が預貯金に滞留しているが、わずかにでも投資をしている人は日本株か国債がほとんど。外国株や外国債券に投資する投資信託等の普及はまだまだというのが現実だ。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ