1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. 海外投資の教科書
  3. 2.オフショアファンド(海外ファンド)を安全に購入するノウハウ
  4. 1 サポート難民が続出。ファンド仲介業者が逃亡した場合の対応方法

2.オフショアファンド(海外ファンド)を安全に購入するノウハウ

1 サポート難民が続出。ファンド仲介業者が逃亡した場合の対応方法

2012.09.04
2012年8月、日本でも有名なフレンズプロビデントという海外積立業者が、日本居住者に対しては販売を停止することを決めました。これは同社の商品を仲介していた違法業者の行為があまりにも目に余ったためです。すでにこうした業者を通じて商品を購入してしまった人は今後どうなるのでしょうか? 対応策を検証します。

海外オフショアファンドが続々と日本で販売停止

日本居住者向けに販売停止相次ぐ



2012年3月、日本でも著名なオフショアファンドのマン社が、日本居住者への新規販売を停止しました。

次いで、フレンズプロビデントという有名なオフショア積立商品を販売する会社も、2012年8月、日本居住者へ新規の販売を停止しました。

なぜ販売停止されたのか?

これらの背景には無登録の違法業者が起こした、マンやフレンズプロビデントに関わる数々のトラブルがあります。

フレンズプロビデント社本体には、トラブルに巻き込まれた投資家からの苦情が殺到しました。

実際、違法な仲介業者は運用業者の香港支店からバックマージンを得ていたため、投資家には無料サービスを謳い、やりたい放題の無法営業をしていたのです。

違法業者は日本の金融庁からも目をつけられていたこともあり、フレンズプロビデントとしては火の粉が自分にも降りかかるのを恐れて販売を停止したと考えられます。

(参照記事)2-(3) 知らなかったじゃすみません。オフショアファンド業者の選び方

他の海外投資の教科書を読む 「2.オフショアファンド(海外ファンド)を安全に購入するノウハウ」の記事一覧
もっと読む
  • 1 サポート難民が続出。ファンド仲介業者が逃亡した場合の対応方法
    2012.09.04

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ