1. HOME
  2. 海外投資の教科書
  3. 3.海外積立投資を安全に実行するノウハウ
  4. 3-(2) 相続税対策として活用するには?自分年金として活用するには?

3.海外積立投資を安全に実行するノウハウ

3-(2) 相続税対策として活用するには?自分年金として活用するには?

2012.09.05
海外オフショアファンドを有効に活用すれば、あくまでも合法的に相続税対策をすることができます。また、自分年金構築のためにこれ以上向いた金融商品はありません。富裕層はこの相続税対策を活用し、これから資金を貯める人も、オフショア積立投資を有効に活用しましょう。

結果的に相続税対策となる活用法

年間110万円までの贈与は非課税

1年間の贈与金額が110万円以内なら、贈与税の申告手続きは不要です。

110万円までの贈与が非課税とされている理由は、誰かに1円でも贈与したら税金がかかるなら、贈与税の納税手続がとても困難になるためです。

誰かに何かをプレゼントすることは社会の習慣として当たり前。その当たり前の習慣にまで税をかけてしまうことは、国民感情として納得できません。そのため1年間で110万円までの贈与は、非課税とされているのです。


非課税贈与枠を活用

海外積立投資(オフショア積立投資)はこの非課税贈与枠を使うのにぴったりの商品です。

たとえば50歳の医師に20歳の娘がいたとします。
毎年110万円までは非課税で贈与できるので、月約10万円ずつ娘が積立投資をして、これを30年続ければ、運用益も合わせて1億円を娘に無税で相続できます。

富裕層はこのような方法で、少しずつ子供に、無税で相続をしている例が多く見受けられます。


自分年金として最大限の効果を発揮

余裕のある老後を過ごすために

たとえば35歳の人がいたとして、30年間月々5万円を積み立て、年利10%で運用できれば1億円になります。 これは老後の資金として十分に余りある金額です。

これだけの金額になるのは長期間、複利効果を享受するためです。

運用途中で課税されない海外積立投資(オフショア積立投資)は、長期資産形成に最適の金融商品。自分年金作りの強力な武器になります。

海外積立投資(オフショア積立投資)を賢く使えば、合法的に相続税対策として活用することが可能。また、自分年金作りには最強のツールになります

他の海外投資の教科書を読む 「3.海外積立投資を安全に実行するノウハウ」の記事一覧
もっと読む

あわせて読みたい

2012.12.18
ネット環境の進化で、個人投資家がプロのように株式を短期売買し、FXサイトでは為替ディーラーの如く為替ディーリングができるようになった。しかし、それで実際にどれくらいの人が儲かっているのだろうか?  …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ