1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. 海外投資の教科書
  3. 4.日本で買えるヘッジファンド、世界のヘッジファンドのノウハウ
  4. 3 ヘッジファンドとは

4.日本で買えるヘッジファンド、世界のヘッジファンドのノウハウ

3 ヘッジファンドとは

2012.09.17
ヘッジファンドとはあらゆる市場環境でプラスリターンを目指すファンドです。下げ相場でも「絶対リターン」を追求します。伝統的市場での資産運用不調で、個人投資家も機関投資家もヘッジファンドへの関心を高めています。



ヘッジファンドの定義

ヘッジファンドの有利な点は?

ヘッジファンドとは何か、その定義を押さえておきましょう。

① あらゆる市場環境でプラスリターンの獲得を目指す
② 株式のロング・ショート、マーケットニュートラル、マネージドフューチャーズなど、伝統的市場との相関が低いオルタナティブ戦略を駆使する
③ 大きなレバレッジを利用して、資産に対するエクスポージャーを高める
④ 高いリターンを期待できる比較的流動性の低い資産にも投資できる
⑤ オフショア市場に籍を置き、運用益に対する低い税率か、あるいは無税の恩恵を享受できる

(参照)「ヘッジファンドの実態調査」

ヘッジファンドが社会に求められる理由

時代が求め始めたヘッジファンド

ヘッジファンドは当初、富裕層が自分の資産を守るために活用されました。したがってその運用手法は本来、保守的なものです。


ヘッジファンドは、実は比較的ローリスク・ハイリターンの商品です。
しかし、日本では「リスクが高い」と捉える向きが一般的。それがここへきて増え始めている理由は何でしょうか?

なぜヘッジファンド型の投信が増えているのか?

●機関投資家

ヘッジファンドの中には上場会社もあり、多数の戦略に基づく複数の商品を運用しており、商品の流動性が高いという特徴があります。

運用対象は株式などだけでなく森林資源やCO2の排出権にまで広がり、すでに代替投資の枠を脱し投資の主力となりつつあります。 伝統的金融商品の運用難で、機関投資家が顧客に求められる運用利回りを満たせていません。

機関投資家もヘッジファンドの高い運用利回りに注目し始めています。

●個人投資家

個人投資家が絶対リターンを目指すヘッジファンドへの関心を高めています。

ヘッジファンドはこれまで富裕層や年金基金を主な顧客としてきましたが、リテール事業にも力を入れ始めています。 従来よりも商品の流動性や透明性が高まり、ヘッジファンドが個人投資家にも身近な商品になりつつあります。

富裕層がヘッジファンドへの関心を高めています。

ヘッジファンドはリスクが高い一般的なイメージとは違い、リスクを極力抑えた保守的なもの。日本でも個人・機関投資家に着々と受け入れられ始めています

他の海外投資の教科書を読む 「4.日本で買えるヘッジファンド、世界のヘッジファンドのノウハウ」の記事一覧
もっと読む

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ