1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ギリシャに好機を探るヘッジファンド

ニュース

ギリシャに好機を探るヘッジファンド

2012.11.09
 ギリシャは今週、財政緊縮策関連法案を可決したことを受けて、ドロメウス・キャピタルは、財政難のギリシャに投資する新たなファンドを立ち上げるとウォールストリートジャーナルは伝えている。同ファンドはギリシャ資産の下落を背景に大幅なセル・オフの好機を捉えることを主眼とする。

 ドロメウス・キャピタル・グループは新興市場投資を手掛けるファンド。新たなファンドはギリシャの株式や債券に投資し、今週資金調達を開始したが、投資家からの反応も良く目標額2億ユーロはまもなく達成できるという。


 債券や株価は、ギリシャがユーロ圏から離脱するというリスクを必要以上に織り込んでいるものもあり、大幅な値上がりが期待できるチャンスがあると見ている。

 ドロメウスは既にギリシャ政府債の大幅な反騰で利益をものにした。ギリシャが今年3月、債務編成を行って2000億ユーロの債務を600億ユーロに減らして以来、米国ヘッジファンドを主体にギリシャ国債に投資するようになった。

 ドロメウスではギリシャがユーロ圏から離脱する可能性を30%としており、そうなれば試算ではファンドは50%の損失を被る可能性がある。ギリシャがユーロ圏にとどまるならば、新規ファンドは一年以内に投資家の資金を倍にすると見込んでおり行方が注目される。

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ