1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 英マン・グループ、リーマン債権を売却

ニュース

英マン・グループ、リーマン債権を売却

2012.11.19
 英ヘッジファンド最大手マン・グループは、リーマン・ブラザースの債権を売却する方針で、ハッチンソン・インベスターズと交渉していることをプレスリリースで明らかにした。リーマン関連の債権は傘下GLGから2011年7月に獲得した。

 

 マンは今回の債権売却で最大4億5,600万ドルの現金回収が可能になる。マンは買い手による債権リカバリーが今後一定の水準を超えれば、5億ドルまで受け取る可能性がある。リーマン債権額は2012年6月30日現在で3億4,600万ドルと推定される。

 マンは今年、資本流出が続きリターンも低迷していたが、今回の売却で規制自己資本も強化され、現金保有高も高まることになる。

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ