1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ニューヨーク市の年金基金がヘッジファンド投資拡大

ニュース

ニューヨーク市の年金基金がヘッジファンド投資拡大

2012.12.21
 ニューヨーク市の3つの年金基金がポートフォリオのボラティリティ低下を目指してイベントドリブン戦略のヘッジファンドへの投資を検討しているとフィンオルタナティブは伝えている。

 

 ニューヨーク市の市職員、警察官、消防士年金基金は最大15のヘッジファンド、主にイベントドリブン戦略に投資する可能性がある。 同市担当者によると、3つの年金基金はほとんどのヘッジファンド資産をグローバルマクロ・ファンド、CTAに投資しており、新規のアロケーションについても同様のファンドへの投資を考えている。

 3つの年金基金の運用総額は約700億ドルに上り、パーマル・アセットマネジメント、ブルークレスト・キャピタルマネジメントなど数社に既に昨年及び年初に投資したが、目標額35億ドルのうち約18億ドルの投資余力があるという。 投資先には運用資産額10億ドルを有するファンドが選ばれる公算が高い。

ソース:FINalternatives(2012年12月19日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ