1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 年率リターン25.7%、米ヘッジファンド

ニュース

年率リターン25.7%、米ヘッジファンド(英フィナンシャルタイムズ)

2013.01.11
米ヘッジファンド運用会社大手のシタデル・インベストメントは投資家宛のレターで、ウェリントンとケンジントンという2つの旗艦ファンドが昨年それぞれ25.9%、24.9%のリターンをあげたことを明らかにした。

 

 金融危機時には50%超の損失を出していたが見事にカムバックしたといえる。2012年の業績は、前年の多角化からの縮小戦略が功を奏したものといえよう。 フィナンシャルタイムスによると、シタデルの運用資産総額は140億ドルに達し、前年の110億ドルから上昇した。グローバル株式ファンドのリターンは17.8%、ハイフリクエンシーファンドのリターンは25.7%となった。

 マーケットの混乱期には、積極的にリターンを追及すると共に、投資資本を維持する姿勢のバランスが求められるとシタデルは述べる。今年の優先課題として、利益、生産性の向上、チーム力強化を挙げている。

ソース:フィナンシャル・タイムズ(2013年1月11日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.08.19
ヘッジファンドは大きなお金を、好きなように動かすのが特徴。彼らは常々大きく儲けようとするが、逆に大きく損をすることもあり、これを繰り返している。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ