1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ヘッジファンド指数、プラス6.19%を確保

ニュース

ヘッジファンド指数、昨年はプラス6.19%を確保

2013.01.23
 ヘッジファンド調査会社ユーリカヘッジが発表した2012年12月のユーリカヘッジ・ヘッジファンド指数はプラス1.46%、年初来ではプラス6.19%を確保した。リスク嗜好の高まりを背景に12月は好調であった。

 

 ヘッジファンド業界の運用資産は昨年、645億ドル増加し、総額1兆7700万ドルに達した。12月のヘッジファンドへの資金流入額は261億ドル、流出額は347億ドルで資金の流れはマイナスとなった。 こうした中でも、10%超のリターンを挙げたものが1831、20%超のリターンを叩き出したものが841に上るとユーリカヘッジは伝えている。

 昨年最も好調だったのはディストレス債で年初来でプラス13.67%。地域別では、北米ヘッジファンドが最も高い伸びを示した。戦略別ではリラティブバリューの伸びが大きく、運用資産額も大幅に増加した。

ソース:ユーリカヘッジ月次報告(2013年1月付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ