1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ブラックストーン、ヘッジファンドの株式取得

ニュース

ブラックストーン、ヘッジファンド運用会社の株式取得

2013.02.19
米投資会社大手ブラックストーンは、ヘッジファンド運用会社への投資を開始するとFIN alternativesは伝えている。元バークレー投資銀行グループ幹部のアンソニー・マニスカルコ氏を採用し新たに部門を立ち上げる。

 

ブラックストーンは運用資産額30億ドル~50億ドル(約2830億~4710億円)のヘッジファンド運用会社12社を投資対象とし、出資比率を15~20%程度とする模様である。こうすることでブラックストーンはファンドに対して発言権を持ち、運用に対しても積極的な姿勢を保つ。

投資先の会社のIPO(新規株式公開)あるいは流通市場での株式売却で投資収益を得たいとしている。

  ソース:FIN alternatives (2013年2月13日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.08
カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ