1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ヘッジファンド報酬額、第1位は2,024億円

ニュース

ヘッジファンド報酬額、第1位は2,024億円

2013.02.28
米フォーブス誌が先ごろ発表した2012年最も稼いだヘッジファンド・マネジャーにデビッド・テッパー氏がトップに輝いた。上位40リストによると、アパルーサ・マネージメントのデビッド・テッパー氏の報酬額は約22億ドル(約2,024億円)。テッパー氏の旗艦ヘッジファンドは30%のネットリターンを上げ好調だった。ヘッジファンドにとって昨年は概ね振るわなかったが、その中での快挙である。

 

第2位はカール・アイカーン氏で報酬額は19億ドル(1,748億円)。次いでSACキャピタル・アドバイザーズのスティーブン・コーヘン氏、ルネッサンス・テクノロジー創立者のジェームズサイモン氏がそれぞれ13億ドル(1,196億円)となっている。5位にはジョージソロス氏が11億ドル(1,012億円)で入っており、最近では円の空売りで大きな利益を得た。

上位10名にはシタデル・インベストメントのケネス・グリフィン氏、ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏、D.E.ショーのデビッド・ショー氏、オメガ・アドバイザーズのレオン・クーパーマン氏、サードポイントのダニエル・ローブ氏が名を連ねている。リストの作成に際し、フォーブスではヘッジファンド・マネジャーのファンドのリターン、成功報酬、所有比率などを考慮した。報酬額は税引き前。

  ソース:フォーブス(2013年2月26日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ