1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ヘッジファンド、年末には2兆5,000億ドルに

ニュース

ヘッジファンド、年末には2兆5,000億ドルに

2013.03.01
ドイツ銀行は年次オルタナティブ投資家調査でヘッジファンドは今年11%成長し、運用資産は年末までに過去最高の2兆5,000億ドル(235兆円)に達するとの結果を発表した。ヘッジファンド業界の成長は続いており、2013年の純流入額は1,230億ドルを予想する。

 

機関投資家は従来の資産クラスのアロケーションからリスクベースのアプローチに移行しており、安定的で一定したリターンを求めている。投資家の7割がヘッジファンドは今年、2012年を上回るパフォーマンスをあげるものと予想しており、ヘッジファンドのリターン目標を5~10%としている。

ヘッジファンドの運用資産を独占するのは機関投資家で、民間銀行の6割がヘッジファンドの運用資産を減らした一方で、年金ファンドのほぼ7割がヘッジファンド投資を増やした。年金ファンドのほぼ半数が2013年にヘッジファンド投資を1億ドル以上増やす意向である。同調査はヘッジファンド投資家調査としては最大のもので、公的及び私的年金、財団、基金、ファンド・オブ・ファンズ、民間銀行、投資コンサルタント、ファミリーオフィスから回答を得た。

  ソース:Deutsche Bank Alternative Investment Survey (2013年2月25日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ