1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 米大手PE、共同で大規模投資を実施へ

ニュース

米大手PE、共同で大規模投資を実施へ

2013.04.15
米国の大手プライベート・エクイティ運用会社であるブラック・ストーン、カーライル、およびコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は、シンガポールのソブリン・ウェルス・ファンドのテマセクと共同で、バイオテクノロジー大手のライフ・テクノロジーズ社に110億ドル規模の投資を実施することを検討している。

 

これが実現すれば、当案件はプライベート・エクイティ業界にとって今年最大級の投資案件となる見込み。FIN Alternativeの報道にによれば、4社はライフ・テクノロジー社側にすでに買収提案をしており、同社はそれを受け入れる方向である。

ブラック・ストーン、カーライル、テマセクは当初、TPGキャピタルとコンソーシアムを組んでおり、一方、KKRは別の複数のファンドと協働していたが、最終的には上記の4社が共同で投資を行うことになった。

  ソース:FIN Alternative(2013年4月10日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ