1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 英マン・グループ、旗艦ファンドを建て直し

ニュース

英マン・グループ、旗艦ファンドのAHLの建て直しに本格注力

2013.04.16
英大手ヘッジファンド運用会社のマン・グループは、同社の旗艦ファンドであるAHLの運用チームを一新して建て直しを図っている。AHLは170億ドル規模の運用資産を持つプログラム取引に特化した先物ファンド。

 

同ファンドはトレンド追随で利益を上げる戦略を取っていたが、過去2年、市場に明確なトレンドが欠けていたことから成績が低迷していた。また同ファンドをはじめとする運用先ファンドの成績不振を主因にマン・グループの株価も下落していた。

今年2月にマン・グループの新しいCEO(最高経営責任者)に就任したイマニュエル・ロマン氏はAHLが出来て間もない社内のクオンツ開発部隊である「マン・システマティック・ストラテジーズ」を統合して、「AHLパートナーズLLP」を設立。また自らのゴールドマン・サックス時代の同僚だったサンディ・ラトレー氏をAHLの新たな責任者として採用した。

  ソース:ウォールストリート・ジャーナル(2013年4月11日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ