1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ファニーメイの復活に賭けるヘッジファンド

ニュース

ファニーメイの復活に賭けるヘッジファンド

2013.04.17
米連邦政府が保有する国営の住宅ローン会社であるファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)とフレディマック(連邦住宅金融抵当公庫)が将来、再び民営化されて再生するとの長期的な見通しに基づいて、これらの企業が発行する優先株をヘッジファンドが買っている。

 

ファニーメイが2012年通期業績で史上最高益を更新すると発表して以来、同社が発行する利回り8.25%の優先株の価格は年初来2倍の水準に上昇した。投資家の一部はファニーメイとフレディマックは政府による同社株の放出によって再び民営化される可能性が高まっていると見ている。

ファニーメイの優先株の額面価額は25ドルなので、そうなるのであれば現行の市場価格の4.26ドルの5倍以上の上昇が見込める可能性がある。

  ソース:ブルームバーグ(2013年4月9日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ