1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ヘッジファンドの1~3月のパフォーマンスはプラス3.4%

ニュース

ヘッジファンドの1~3月のパフォーマンスはプラス3.4%

2013.04.22
2013年初頭のヘッジファンドのパフォーマンスは1月から3月まで連続してプラスとなった。

 

RBC Hedge 250 インデックスの3月のパフォーマンスは+1.35%となり、1~3月では+3.4%となった。ちなみにS&P500インデックスの同期間のパフォーマンスは+10%。

RBC Capital Marketsが追跡するヘッジファンドの9つの戦略のパフォーマンスは3月に全てプラスとなった。最大の伸びを見せたのは合併・スペシャルシチュエーション戦略の平均+2.85%であり(年初来では+6.5%)、これに、株式ロングショート戦略の+1.64%(同+4.35%)、クレジット戦略の+1.34%(同+4.02%)、マルチ戦略の+1.26%(同+4.04%)、マネージド・フューチャーズ戦略の+0.97% (同+1.37% )、マクロ戦略の+0.83% (同+1.22%)、転換社債アービトラージ戦略の+0.71% (同+3.51%)、債券アービトラージ戦略の+0.7% (同+3.06%)、株式市場ニュートラルの+0.25%(同-0.09%)が続いた。

  ソース:FIN alternatives(2013年4月17日付) 

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ