1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ブラックストーン、テクノロジー企業案件に

ニュース

ブラックストーンは今後もテクノロジー企業の案件に真剣に取り組むと言明

2013.04.24
デル買収案の撤回を余儀なくされた米大手プライベート・エクイティ会社のブラックストーンのジェームズ社長は先週、テクノロジー・セクターのバイアウト専門のチームを強化し、同社の最高の人材を揃えたと述べた。

 

同氏は報道陣に対し、テクノロジー業界は長年経済成長率を上回る成長を遂げ、今後もそうした成長が続くが、中小規模の企業が乱立する状態にあることから、プライベート・エクイティが活躍する余地が大きいと述べた。

ブラックストーンは「最もシニアで生産性の高いディール・パートナーである」チン・チュー氏をテクノロジー・チームの長に据え、同社の最も有望な若手の1人であるマーティン・ブランド氏をチュー氏の参謀とした。また、ブラックストーンは同チームのために、1月にデルとIBMで買収を統括していたデビッド・ジョンソン氏を採用した。

一方、パソコン大手デルのMBO計画で創業者でCEOのデル氏と協働しているシルバー・レイク・パートナーズは、テクノロジー企業への投資に特化したPEファンドの募集を行い、当初予定を大きく上回る103億ドル相当の出資を得たと発表した。これは同分野に特化したPEファンドとしては未曾有の規模。

  ソース:ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年4月18日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.08
カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ