1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ブラックストーン、クレディ・スイスのPEセカンダリー投資部門を買収

ニュース

ブラックストーン、クレディ・スイスのPEセカンダリー投資部門を買収

2013.05.02
プライベート・エクイティ最大手のブラックストーン社は、クレディ・スイスの子会社のCSストラテジック・パートナーズ社を取得することでクレディ・スイス社と合意したと発表した。買収が完了するのは9月末の予定。買収額は不明。

 

クレディ・スイス社がプライベート・エクイティ・ビジネスを売却するのは金融機関のプライベート・エクイティやヘッジファンドへの投資を制限する米ボルカー・ルールを遵守する必要があるため。同社は昨年末よりこの部門を売却するためマーケティング活動を行っていた。

CSストラテジック・パートナーズはPEセカンダリー投資を専門とした業界大手の一角で、運用資産90億ドル。昨年、同社は20億ドル規模の5件目のファンドをクローズし、募集実績は2000年から累計で110億ドルとなった。同社はステファン・カン氏とベルダン・ペリー氏を責任者とし、社員数は26人である。

ブラックストーンのジェームズ社長は、「我々はストラテジック・パートナーズのスタッフを迎え入れることを喜んでいる。ブラックストーンにはストラテジック・パートナーズの元社員も多く在籍しており、2社は文化的な親和性が高い。ストラテジック・パートナーズはブラックストーンの既存の事業と補完的であり、弊社の傘下に入ることは顧客基盤の強化や新分野への進出といった面でプラスになるだろう」と述べた。

ソース:FIN alternatives (2013年4月23日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ