1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ゴールドマンサックスの元トレーダ、新ファンド立ち上げ

ニュース

ゴールドマンサックスの元トレーダ、新ファンド立ち上げ

2013.05.07
ゴールドマンサックス社の元トレーダーで昨年、破綻したヘッジファンドのエドマ・パートナーズの創業者の1人であるアリ・ヘダヤット氏がインダス・キャピタルに入社することが明らかになった。ヘダヤット氏はインダス・キャピタル内で新たなグローバル・スペシャル・シチュエーション・ファンドを来月、立ち上げる予定。

 

エドマ・パートナーズはヘダヤット氏のゴールドマン時代の自己売買部門の上司だったピエール・アンリ・フラマン氏が2010年に鳴り物入りで立ち上げたヘッジファンドの運用会社だったが、わずか2年で成績の低迷と困難な市場環境を理由に閉鎖された。一方、インダス・キャピタルは2000年にソロス・ファンド・マネジメントの旧マネージャーらが設立した会社でアジア太平洋地域を中心に運用を行っている。

エドマの旧社員たちは、これまでにグループでバンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチのプライム・ブローカー部門に転職しているほか、ホライゾン・アセット、ミレニアム・マネジメント、パイン・リバー・キャピタル・パートナーズ、SACキャピタル・アドバイザーズなどにも移籍している。

ソース:FIN alternatives(2013年5月2日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ