1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ダイヤモンド・オンライン
  4. アベノミクス時代の投資の心構え=山崎元

ダイヤモンド・オンライン

アベノミクス時代の投資の心構え=山崎元

2013.05.08
アベノミクスは為替レートや株式の市場価格などの市場価格を誘導する、「市場操作」を手段とした政策。当面、その影響は特大であり、「政策に売り無し」を尊重した方がいい。ただし、市場がこれを織り込んでしまえば天井を打つ可能性もあり、市場参加者が政策について現在どうみているかを把握することも重要だ。

 

「当面」が具体的にいつまでかはわからないが、資産運用は原則として長期的に継続することが有利。自分の判断に過剰反応することなく、市場の動きに右往左往しないことも重要だ。換金性の高い金融商品で運用することも大切。もちろん分散投資も心がけるべきだ。ただし「アベノミクス時代」は、長期債投資は割が悪い公算が大きく、債券をリスク資産に入れて分散する必要はない。

実質的な手数料コストで運用商品を絞り込むという原則も忘れてはいけない。また、アベノミクスがバブルに育つ可能性は小さくないが、借金による投資は個人には大きすぎるリスクにつながるので慎むべきだ。最後に、おカネの運用では他人の判断を信用しないことは、アベノミクス時代であってもなくても最重要な原則だ。

  ソース:ダイヤモンド・オンライン(2013年5月8日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ