1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ウォール・ストリート・ジャーナル
  4. 円急落が広げる波紋

ウォール・ストリート・ジャーナル

円急落が広げる波紋

2013.05.13
G7で円安に対する表立った批判が出なかったことから、一段と円安が進んでいる。円安は日本がこの15年間苦しんだデフレから脱却するための一助となることは確かだ。

 

ただし、この動きに複雑な感情を抱く国も少なくない。その筆頭が韓国。円安によって、韓国の乗用車やエレクトロニクス製品の輸出は大きな打撃を受けている。韓国はこれに対抗して先週利下げをしたが、韓国の自動車産業の競争力低下は深刻だ。

米自動車業界も円安に批判的な急先鋒の一つだ。円安がいっそう進めば米議会も自動車産業の批判に耳を傾けざるを得ず、日本のTPP交渉参加承認が遅れる可能性もある。急激な円安に対抗して、各国の通貨安競争に火が付く可能性もある。

  ソース:ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年5月13日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ