1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ウォール・ストリート・ジャーナル
  4. FRBの緻密な出口戦略

ウォール・ストリート・ジャーナル

FRBの緻密な出口戦略

2013.05.14
FRBが緻密な出口戦略を練っている。経済指標をみると、労働市場とインフレ見通しはFRBに出口戦略をとる余地を拡大している。FRBは順次、現在、月間850億ドル(約8兆7000億円)の債券購入額を慎重に絞る予定だ。

 

市場はその時期を探ろうと躍起だが、FRBとしてはそれを悟られないような柔軟な対応が必要。市場の過剰反応を避けるためだ。市場の過熱は抑えることが必要だが、FRBとしては株式や債券市場が急落させることなく、出口戦略を軟着陸させたいところだ。

FRBは5月のFOMC終了後に、今後は経済見通しに応じて「購入ペースを拡大したり、縮小したりする用意がある」として、両方向に含みを持たせた。この声明は、FRBの柔軟性が拡大したことを示唆する目的があるとみられる。出口への第一歩を踏み出すには、労働市場のさらなる改善がカギを握る。

  ソース:ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年5月13日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ