1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. 識者の見方
  3. ジム・ロジャーズ氏独占取材
  4. 世界経済の見通し「強い円に自信を持て」

ジム・ロジャーズ氏独占取材

世界経済の見通し「強い円に自信を持て」

2012.09.08

強い円に自信を持て

 ロジャーズ氏の投資先といえば、コモディティと中国株。ここ数年はずっと推奨してきた。ただ、米国経済の悪化にともなって、双方ともに受けた影響は小さくない。新たな投資対象先など、いま現在、実際にロジャーズ氏が投資している物を聞いてみた。

 「ドル資産、株などで運用するよりも、コモディティに投資する方が良いですね。他のセクターに投資するよりもずっと運用成績は上がるはずです。私はコモディティを買い続けてきたし、これからも買っていくでしょう」

 原油相場は一時の高値と比べて急落したのをはじめとして、他の鉱物資源、農作物も同様に調整局面入りした。しかし、今後もコモディティの時代だという考え方は変わらないようだ。1500兆円といわれる金融資産を持つ日本人。今の相場状況に狼狽している投資家も多いようだが、はたして日本はそんなに悪い状況なのか?

 「日本のYUCASEE MEDIAを読んでいる皆さんには、今、円資産を持つことはそんなに悪いことではないし、悲観することではない、と言いたい。まぁ残念ながら、日本の景気回復はスローになるとは見ています。しかし、英米よりも、ずっと良い状態にあります。私が投資しているかって? もちろん円を保有していますよ」

 為替相場を見ても円高が続いているように、カリスマ投資家の目には、日本はそれほど悪い状態とは映っていないようだ。日本人はもっと自信を持った方が良いのかもしれない。
ニューヨークマーカンタイル取引所の原油相場

ジム・ロジャーズ氏
 1942年10月19日、米国アラバマ州生まれ。エール大学を卒業後、1973年後にジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを共同設立。80年に引退。以後は世界各国を自分で旅をしながら、投資対象となる国を探した。一昨年にニューヨークからシンガポールに移住し投資活動を行っている。
(初出:ゆかしメディア
識者の見方 「ジム・ロジャーズ氏独占取材」の記事一覧
もっと読む
  • 世界経済の見通し「強い円に自信を持て」
    2012.09.08

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.04
2012年3月、日本でも著名なオフショアファンドのマン社が、日本居住者への新規販売を停止しました。 次いで、フレンズプロビデントという有名なオフショア積立商品を販売する会社も、2012年8月、日本居住者へ新規の販売を停止しました。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ