1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 投資銀行がソニーの経営改善策評価をサポート

ニュース

投資銀行がソニーの経営改善策評価をサポート

2013.06.03
ソニーは、サードポイントによるエンターテイメント部門のスピンオフ提案を検討するにあたり、シティグループとモルガン・スタンレーを雇うことを決定した。

 

これらの投資銀行のサポートを得て、ソニーは5月はじめに行われたサードポイント社の提案を詳細に検討する。

ソニーの平井社長は、「これは取締役会レベルで話し合われるべきトピックスであり、あらゆる観点から討議されるべきだ」と述べた。

ローブ氏が率いるサードポイントはソニー株の6%を保有しており、同社の子会社であるソニー・エンターテイメント社の持ち株20%程度をIPOによって放出することや、コスト削減を提案している。

ソース:FIN alternatives (2013年5月31日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ