1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. 日本経済新聞
  4. 日本に悪いインフレ・悪い円安の懸念

日本経済新聞

日本に悪いインフレ・悪い円安の懸念

2013.06.04
バーナンキFRB議長の発言を受けて、日本の株式市場と債券市場は動揺している。一部には2%という物価上昇目標の達成は無理ではないか、思ったほど円安は進まないのではないかという見方もあるが、本当に心配すべきなのはインフレと円安が行き過ぎることだ。

 

今の市場は株安と円高が連動しているが、FRBが実際に緩和策を縮小すればドルは全面高の展開となるだろう。大幅な円安になれば輸入コストは急上昇し、金利が急騰する可能性が高くなる。デフレよりよほど性質の悪い、悪いインフレと高金利の出現だ。悪性のインフレにより、多くの人の生活水準が下がることは避けられない。

円安は偽りの安心感と競争力を与え、肝心の構造改革を遅らせるという副作用もある。安倍首相が放つ第3の矢は力のないものになりそうだ。バーナンキ議長の発言に対する日本市場の反応は、日本の投資家心理が依然として脆弱であることを見せつけた。日銀の壮大な実験は、日本に大きな代償を払わせることになる可能性が高い。

ソース:日本経済新聞(2013年6月3日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ