1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ダイヤモンド・オンライン
  4. 第3の矢は簡単に刺さらない=伊藤元重

ダイヤモンド・オンライン

第3の矢は簡単に刺さらない=伊藤元重

2013.06.17
異次元緩和に浮かれた市場は、第3の矢である成長戦略を冷静に見極めようとしている。アベノミクスの第3の矢は、単なる成長戦略ではなく、民間投資を喚起する成長戦略。それが成功するためには、企業にはびこる強固なデフレマインドを克服しなければいけないという壁がある。

 

しかし企業経営者のマインドは簡単に変わらない。これまでいくつもの成長戦略が掛け声倒れに終わったからだ。規制緩和、市場開放、税制変更などは、いずれも既得権益の岩盤を崩さないと不可能な難題ばかり。今度もその岩盤を突き崩せない可能性は残る。

こうした日本企業の悲観論も岩盤のように固い。政府がいくら最善を尽くしても、民間経済が動かない限り成果は出ない。その意味では、成長戦略の主役は企業でもある。結局のところ、企業がリスクをとって積極的に投資しないと、政府が何をしても無駄に終わりかねないからだ。

ソース:ダイヤモンド・オンライン(2013年6月17日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
ヘッジファンドとはあらゆる市場環境でプラスリターンを目指すファンド。下げ相場でも「絶対リターン」を追求します。伝統的市場での資産運用不調で、個人投資家も機関投資家もヘッジファンドへの関心を高めています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ